家族や会社にばれないでお金を借りる方法【専業主婦・会社員必見】

『お金を借りる』ことを、家族や職場にバレたくないという思いを感じる方は多いんじゃないでしょうか?

特に、専業主婦や学生の方は『家族(夫や親)に内緒でお金を借りたい…』と思っているはずです。

では、実際にお金を借りたことがバレるきっかけって何があるんでしょうか?

それは、『金融業者からの郵送物』なんです!

実に90%以上の方が、郵送物が届くことで家族にバレてしまうんですよ…。

この記事では、『どうすれば家族や職場にバレずにお金を借りられるのか』について見ていきましょう。

【結論】バレずにお金を借りるには…

結論からお伝えすると、家族や職場にバレずにお金を借りるなら『消費者金融のカードローン』が一番オススメです。

来店不要の『Web完結』申込みが可能となっているので、誰にも会わずに借り入れできちゃいます。

また、在籍確認の際もカードローン会社とは名乗らずに電話してくれます。

一番危険な郵送物に関しても、カードは来店で受け取れますし、明細書はホームページでのみ閲覧できるので、家に郵便物は全く届きません

そんな『絶対にバレない』借り方であるカードローンであれば、最短でその日のうちに融資が受けられます。

さらに、無利息期間が設定されているので、期間内の返済であれば利息0円で完済できちゃうんです!

是非、当サイトイチオシのお得なカードローン『アコム』『プロミス』でお金を借りちゃいましょう!

アコム

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、初めてお金を借りる方がよく利用するカードローンです。
30日間の無利息期間(※1)もついています。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。
審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。
30日間の無利息期間(※2)もついています。

≫詳細はこちら

(※1)アコムでのご契約がはじめてのお客様と返済期日「35日ごと」でご契約されたお客様
(※2)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

他人にバレないお金の借り方

家族や会社にバレずにお金を借りるなら、『消費者金融のカードローン』が一番です。

理由としては、消費者金融は貸金業法によって厳しい規定が課されているからです。

消費者金融は、家族を含む利用者以外の第三者に社名や借入のことを伝えることが禁止されています。

従って、カードローンの審査における『在籍確認』でも絶対に社名は出さないです。

勤務先
勤務先
はい、○○物産でございます。
××(個人名)と申しますが、△△(申込者)さんはいらっしゃいますか?
カードローン業者
カードローン業者
勤務先
勤務先
申し訳ございません。
△△は生憎社外に出ておりまして、夕方に戻る予定です。
お急ぎでしょうか?
いいえ、それなら結構です。
また後で掛け直します。
カードローン業者
カードローン業者
勤務先
勤務先
△△の方から掛けさせますので、お電話番号を教えていただけますか?
いいえ、大丈夫です。
こちらから改めますので、失礼いたします。
カードローン業者
カードローン業者

逆に、三菱UFJ銀行などの銀行系カードローンでは、電話口でカードローン申込みによる在籍確認であることがバレる可能性があります。

また、利用明細書などの送付時も、封筒の送り主に消費者金融の名前は入っておらず、消費者金融とは気づかない社名となっています。

バレずにお金を借りる際の注意点

他人にバレずにお金を借りる方法として『消費者金融のカードローン』があることは分かって頂けたと思います。

しかし、消費者金融のカードローンを利用していても、借入れがバレてしまうことはあります。

では、どんなことに気を付ければ絶対にバレずにカードローンを利用できるのでしょうか?

ここでは、バレずにお金を借りる際の注意点について見ていきましょう。

注意点①:Web完結カードローンを選ぶ

現在のカードローンには、申込みから借入れまでを全てインターネットでできる『Web完結』という申し込み方法があります。

申込みは公式サイトのフォームで受け付けており、契約書類も発行されません

この『Web完結』によって、書類によって他人に借入れがバレることを防げます。

また、申込みで店頭などに足を運んだ際に、家族や知人とバッタリ…なんてこともありません。

注意点②:Web明細を利用する

申込みの際にWeb明細の利用を申請すれば、カードローンの利用明細をWebのみで発行・閲覧することが可能になります。

カードローン利用時に紙の明細が郵送されると、ポストで家族にバレることも考えられます。

こうしたリスクも、Web明細書を利用すれば簡単に回避できます。

注意点③:カードレスのローンを選ぶ

明細と同様に、ローンカードの郵送もカードローンの利用がバレる原因になります。

家族がポストに送られてきたローンカードを見たら、一発でバレてしまいます。

ただ、最近のカードローンにはローンカードが発行されないものがあります。

借入れはインターネットから申し込む『振込キャッシング』のみで、返済は所有する銀行口座からの引落しになります。

ATMを利用しないため、周りに借入れを見られることもないです。

また、既に持っている銀行キャッシュカードをローンカードと兼用できるカードローンも存在します。

注意点④:自動契約機を利用する

カードローンの契約においては、契約書の作成からローンカードの発行までその場でできることが、最も周りに知られずに済む方法と言えます。

『Web完結』で申し込むのが最も確実ですが、駅前などに設置されている『自動契約機』を利用することでもバレる危険性を減らせます。

自動契約機は無人の部屋に設置されているため、周りから見られないで契約できます。

モニターの指示通りにタッチパネルで入力するだけなので、簡単に契約できます。

自動契約機は審査から契約手続きまでその場で行うことができます。

ローンカードも自動契約機から発行されるので、郵送でバレることもありません

注意点⑤:返済期日を守る

カードローンの利用がバレる原因の一つに『滞納』があります。

当然、返済期日に返済しないとすぐに返済請求の電話がかかってきますし、家族にもバレてしまうでしょう。

滞納を防止するには、給与の振込口座を返済の引落し口座に指定しておくのが一番確実です。

また、滞納の際の連絡先は必ず自分の携帯電話の番号にしておきましょう。

そうすれば、滞納した時でも勤務先や自宅に催促の電話が入ることはないです。

お金を借りたことがバレるケース

では、具体的にどういったタイミングでカードローンの利用がバレるのか、について見ていきましょう。

ケース①:利用明細を見られてしまった

お金を借りたことがバレる原因の一つに、利用明細書の郵送があります。

ただ、利用明細書はカードローンにおける借入や返済ごとに必ず発行することが決められており、明細発行の拒否は不可能です。

利用明細が自宅に送られてきてしまい、郵便受けを見られてしまう…といったパターンがほとんどです。

また、コンビニなどのATMで借入れを行った際の明細を何らかの形で見られてしまう、といったパターンもあります。

ケース②:督促状を見られてしまった

返済の延滞が発生してしまうと、カードローン会社から督促状が届きます

この督促状を見られてしまうことで、家族にバレてしまうケースも後を絶ちません。

Web明細を選択していたとしても、督促状は郵送で送られてきてしまうのです。

いくら最近のカードローン会社が利用者に配慮しているとはいえ、借りたお金を返さない場合には督促状が送られても仕方ありませんね。

ケース③:日々の生活で怪しまれてしまった

日々のお金の出どころや使い道、生活の様子などからカードローンの利用がバレてしまうパターンもあります。

もともと、毎月ギリギリの収支で生活していたのに、急に羽振りが良くなったりすると、やはり家族は目を付けてしまいます。

まとめ

いかがでしたか?

家族や会社にバレずにお金を借りるには、『消費者金融のカードローン』が一番であるということが分かって頂けたかと思います。

法律によって厳しい規制が課せられている消費者金融のカードローンであれば、絶対に個人情報や借入れの事実が第三者に漏れることはありません。

消費者金融のカードローンであれば、最短でその日のうちにお金を借りられますので、50万円程度までなら気軽に調達することが出来ます。

また、無利息期間内であれば利息なしでの返済となり、非常にお得です。

是非、当サイトイチオシのお得なカードローン『アコム』『プロミス』でお金を借りちゃいましょう!

アコム

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、初めてお金を借りる方がよく利用するカードローンです。
30日間の無利息期間(※1)もついています。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。
審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。
30日間の無利息期間(※2)もついています。

≫詳細はこちら

(※1)アコムでのご契約がはじめてのお客様と返済期日「35日ごと」でご契約されたお客様
(※2)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。