家族や職場にバレずにお金を借りるには?【内緒でキャッシング】

バレずに借りたかったら銀行より消費者金融

カードローンをバレずに利用するには銀行より、消費者金融の方が適しています。その大きな理由は、消費者金融には貸金業法によって厳しい規定が課されているからです。消費者金融は家族を含む利用者以外の第三者に社名を出したり、借入のことを伝えたりすることが禁止されています。

従って、審査における「在籍確認」でも社名を出すことは絶対に無く、個人名でかかってきます。また、「在籍」の確認だけで「在席」の確認ではないため、会社にいる必要はなく、電話に出た人が『○○さんは出かけています』と返事すれば、在籍確認は終了です。なお、契約書類や利用明細書が送られて来る時も、封筒の送り主に消費者金融の名前が入っていることはありません。消費者金融とは分からないような社名で送られてきます。

家族にバレずにお金を借りる方法

WEB完結カードローンを選ぶ

現在の消費者金融のカードローンには「WEB完結」と言って、契約の申込から借入まで、全ての作業をインターネットだけでできるものがあります。従って、契約の申込はWEBサイトの申込用フォームからの受付けになり、契約書類も発行されないため、自分の端末で電子媒体の契約書類を保管することになります。電話による在籍確認も行われないため、会社への在籍の証明となる「健康保険証」と「給与明細書」をデジカメやスマホで撮影し、画像データをインターネットからアップロードします。

自動契約機を利用する

カードローンの契約においては、その場で契約書の作成からローンカードまで発行できることが、最も周りに知られずに済む方法と言えます。その方法が、駅前や幹線道路に数多く設置されている「自動契約機」の利用です。 自動契約機は無人の部屋に設置されているため、周りから見られることがありません。操作はタッチパネル式になっており、モニターの指示通りに入力するだけなので、簡単にできます。自動契約機は審査から契約手続きまでその場で行うことができ、ローンカードも自動契約機から発行されてきます。

WEB明細を利用する

カードローンを使用したとき明細が郵送されてきてバレるケースがありますが、WEB明細書を利用すれば問題はありません。申し込みの際にWEB明細を使うにチェックススだけです。いくら借りたか返済はいくらかがスマホやPCですぐわかるので便利です。

カードレスがあるカードローンを選ぶ

家族にカードローンの利用がバレる危険性の高いのがローンカードが郵送されてきた時です。ただ、最近のカードローンにはローンカードの発行されないものがあります。つまり、借入はインターネットから申込む「振込キャッシング」のみとなっており、返済は所有する銀行口座からの引落しになります。ATMを利用しないため、周りに借入しているところを見られる心配もありません。

返済期日を守る

カードローンの利用がバレる危険性のあるのが「滞納」した時です。当然、返済期日に返済しないとすぐに、返済請求の電話がかかってきます。滞納を防止するには、給与の振込口座を返済の引落し口座に指定しておくのが一番確かです。 なお、連絡先は必ず自分の携帯電話の番号にしておきます。そうすれば、滞納した時でも勤務先や自宅に催促の電話が入ることはありません。

家族にバレるケースは?

利用明細書」は家族に知られる不安の種になります。利用明細書はカードローンにおける借入や返済のあった毎に必ず発行することが貸金業法によって規定されています。従って、利用明細書の発行を拒否することはできません。 しかしながら近年、利用明細書は紙媒体ではなく、「電子媒体」による発行が法律で認められました。そのため、カードローンの中には紙の利用明細書を郵送するのではなく、ホームページにある会員用ページで確認できるものがあります。ホームページから申込むと、郵送ではなく、会員用ページによる確認にしてもらえます。

ローン専用のカード

カードローンでお金を借入れる場合、インターネットを利用した借入の他に、専用のローンカードを使ってコンビニATMなどから借入金を引出すことができます。返済も同様、ローンカードでATMから入金できます。 ローンカードはインターネットから契約の申込をすると、郵送されてくるため、家族にバレないように注意します。なお、ATMを利用すると必ず利用明細書が発行されてくるため、ATMからの借入と返済をしていれば、家族に知られる心配はありません。

ローン専用のカード

Aさん(32歳)・OL 『私はカードローンの契約を申込んだ時に、在籍確認の電話が来て会社にバレたらどうしようと不安でした。ところが、仕事から戻ると、○○さん(消費者金融の担当者)から電話がありましたよ、伝えられただけでした。会社にはバレずに借入ができました』 Bさん(45歳)・サラリーマン 『カードローンの申込用フォームの中に、「奥様はこのお申込みについて」という項目があり、内緒にしておきたい時は「知らない」にチェックを入れるようになっていました。絶対にバレたくなかったので、チェックしたら利用明細書が送られてきません。助かりました。』

まとめ

現在の消費者金融は昔と違って、利便性が非常に高くなっています。借入や返済の方法が多岐にわたっており、無利息期間やポイントなどのサービスも多くなっています。 また、WEB完結の提供や利用明細書の電子媒体化など、カードローンの利用におけるプライバシーも守られるようになっています。安心してカードローンを利用できる環境が構築されています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。