パート・アルバイトの人がお金を借りる方法

「パート・アルバイトでも安定した収入があれば、カードローンの即日利用は可能だ」という事実について

「自分はアルバイトだから、カードローンの契約ができないかもしれない」
「パートタイムで働いているからキャッシングは難しいだろう」
アルバイトやパートで働いているかたで、そんなふうに悩むかたも多いようです。
しかし実際のところ、毎月安定した収入があれば、雇用形態に関わらず、カードローンやキャッシングの契約をすることは可能です。
銀行や消費者金融のホームページを見てみると、「アルバイトやパートでも可」となっているのがお分かりいただけます。
正社員などと比較するとどうしても年収が低くなることから限度額などは変わってきます。
しかし、正社員でないからといって「契約できない」ということはないため、安心してください。

パートやアルバイトはどのくらいのお金を借り入れできるか?

では実際に、どのくらいの金額を借り入れすることができるのでしょうか。
この答えは「申し込みをする銀行や消費者金融の審査による」ため、個人によって差があります。
いずれの銀行や金融機関も、借り入れに関する審査基準を明確にはしていませんが、限度額は審査によって決定されます。
なお、キャッシングやカードローンの限度額は、年収や、勤続年数などによっても変わってくるといわれています。
ただし、カードローンもキャッシングも、雇用形態に関わらず、「年収の3分の1以上」を借りることはできません。
これは貸金業法で定められたルールとなっています。
ただし、借り換え(おまとめ)ローンなどに関しては、適用の対象外となる借り入れもあります。

パートやアルバイトが審査を通過するポイントとは?

アルバイトやパートなど、雇用形態に関わらず、審査を受けられる、カードローンやキャッシング。
安定した収入があり、貸金業法の総量規制の範囲内であれば、審査を通る可能性があり、契約ができれば借り入れも可能です。
しかし、注意すべきポイントがあります。
それは、申し込み時に「虚偽」の申告をしないこと、です。

  • 年収が少ないから審査に通らないかもしれない
  • 他の借り入れを申告したら、あまり借りられないかもしれない

そんなふうに考えて、虚偽の申告をするかたもいらっしゃるようです。
ところが、そういった虚偽の申告をした場合、審査に落ちる確率が高くなるといわれています。
そのため、契約時の申し込みには、正しい情報を申告しましょう。

パート・アルバイトの人が審査に通る場合と、通らない場合の違いとは?

「アルバイトやパートでも、申し込みOK」となっているカードローンやキャッシング。
しかし、誰でも審査に通る、というわけではありません。
審査に通らない、という可能性は、もちろんあります。
そして同じような年収でも、「審査に通る人」と「通らない人」、が存在します。
審査に通らない場合、以下のような理由が考えられます。

・雇用形態、勤務先、勤続年数、年収などで虚偽の申告をした
・総量規制(年収の3分の1をオーバーしている)の対象となってしまった
・過去に滞納などの金融事故を発生させていた
・債務整理(自己破産、任意整理など)をしてから5年以内だった

これらの理由は、一般的にいわれている「審査に落ちる可能性がある」事柄となっています。
なお、審査に落ちた場合であっても、銀行や消費者金融から、どのような理由で審査に落ちたかを教えてもらうことができません。

とはいえ、上記の理由であれば、「申し込んだ本人に、まったくこころあたりがない」ということは、まずないと考えられます。

キャッシングやカードローンの審査落ちを避けるためには、まず、虚偽の内容を記載することがないように、しっかり確認した上で申し込みすることをおすすめします。

話題のカードローンを徹底比較

【実質年率】
アコム 3.0~18%
アイフル 3.0~18%
プロミス 4.5~17.8%
モビット 3%~18%

【借入限度額】
アコム 1~800万円
アイフル 800万円以内
プロミス 1~500万円
モビット 1~800万円

【最短の審査時間】
いずれの消費者金融も、最短で30分程度
融資までのトータル時間は、1~2時間ほど

【必要書類】
免許証など、本人が確認できるもの。
ただし借入金額によっては、収入を証明できる書類(源泉徴収票など)

【無利息サービス】
アコム 初めての利用時、契約日の翌日から30日
アイフル 初めての利用時、契約日の翌日から30日
プロミス 初めての利用時、初回出金の翌日から30日
モビット 設定なし

まとめ

アルバイトやパートなどの雇用形態であっても、カードローンやキャッシングを利用することは可能です。
カードローンやキャッシングはもしものときに備えて契約しておくと、いざというとき便利です。
まずは比較して、自分にあったカードローンやキャッシングを選んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。