低金利でお金を借りる方法とは?無利息キャッシングなら実質0%?

お金を借りる際に多くの方は『少しでも低金利で借りたい…』と思うでしょう。

もし知人や親族から借りられれば、無利子で借りることもできるかもしれません。

ただ、どうしても知人から借りられない場合には

低金利でお金を借りる方法
  1. 銀行カードローンでの借入れ
  2. 無利息キャッシング
  3. 市役所・ろうきんからお金を借りる
  4. 日本政策金融公庫からお金を借りる

の4つの方法であれば、低金利で借りられます。

これらの低金利でお金を借りる方法には、それぞれメリット・デメリットも存在します。

この記事では、これらの低金利でお金を借りる方法について詳しく見ていきます。

カードローンなら金利は実質0%?

結論からお伝えすると、一番低金利でお金を借りる方法は『消費者金融カードローンの無利息キャッシング』を利用することです。

『アコム』や『プロミス』のようなカードローンには、必ず『○○日間無利息』のサービスがあります。

この無利息期間内に返済を済ませてしまえば、なんと借入れが利息なしで完済となるんです!

また、最短でその日のうちに融資が受けられるので、『今すぐお金が必要』という方にはピッタリです。

50万円以内の少額であれば、消費者金融カードローンで借りるのが一番お得です。

是非、当サイトオススメの消費者金融のカードローン『アコム』『プロミス』でお得にお金を借りちゃいましょう!

アコム

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、初めてお金を借りる方がよく利用するカードローンです。
30日間の無利息期間(※1)もついています。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。
審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。
30日間の無利息期間(※2)もついています。

≫詳細はこちら

(※1)アコムでのご契約がはじめてのお客様と返済期日「35日ごと」でご契約されたお客様
(※2)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

方法①:銀行カードローン

消費者金融のカードローンよりも銀行のカードローンは低金利です。

消費者金融の多くは、利息制限法の上限利率である年利18%に近い金利を設定しています。

一方、多くの銀行カードローンは15%以下の低金利で借りられます。

中には、10%以下の銀行カードローンもあります。

例えば、10万円を30日間借入れした際の利息の違いを『年利18%』と『年利10%』で比較すると

年利18%と年利10%の利息比較
  1. 年利18%
    →10万円×18%×30日÷365日=1,479円
  2. 年利10%
    →10万円×10%×30日÷365日=822円

となり、1か月で利息が657円も違います

銀行カードローンの中には、働いていない専業主婦が利用できるものもあります。

しかし、銀行カードローンは『金利が低いから誰にでもオススメ!』というわけではありません。

銀行カードローンには

銀行カードローンのデメリット
  1. 消費者金融より審査が難しい
  2. ローンの返済額が少ない(返済期間が長い)

という2つのメリットがあります。

まず、カードローンの金利が低いということは、融資をする銀行の立場で考えると『少ない利益』でサービスを提供していることになります。

よって、銀行は大きな利益が取れません。

自動車ローンなどの担保もありませんので、必然的に審査の難易度が上がるのがデメリットです。

また、一部の銀行カードローンでは約定返済額を少額に設定していることがあります。

返済額が少なければ、家計への負担が少ないですが、同時に返済期間が長くなることにもなります。

毎月の返済金額を自分で決定し、その計画に基づいた返済をする意志がなければ返済期間が長くなる点に注意が必要です。

カードローン名 年利
三菱UFJ銀行カードローン 1.8~14.6%
三井住友銀行カードローン 4.0~14.5%
みずほ銀行カードローン 3.5~14.0%

方法②:無利息キャッシング

消費者金融カードローンのプロミスやアコム、アイフルなどには『無利息期間』のサービスがあります。

カードローンの無利息期間は『借入日(契約日)から一定期間の利息を0円』とするサービスです。

たとえば、初回の借入日の翌日から30日間の利息が0円になるカードローン(年率18%と仮定)で50万円を借入した場合、本来であれば、

50万円を30日間借入れした場合の利息
  1. 50万円×18%×30日÷365日=7,397円

の利息が発生します。

ただ、30日間無利息となるカードローンなら、この利息7,397円が0円になります。

無利息期間である30日以内に借入れた金額を返済すれば、1円の利息も発生しません。

無利息期間の利用の仕方によっては、低金利どころか『無金利(無利子)』で借りれるのがカードローンの無利息サービスです。

無利息がある消費者金融で人気があるのは

50万円を30日間借入れした場合の利息
  1. プロミス:30日間無利息
    (メールアドレスとWeb明細利用の登録必須)
  2. アコム:30日間金利0円サービス
  3. アイフル:30日間利息0円サービス
  4. レイクALSA:選べる2つの無利息サービス

プロミスの30日間無利息サービスは『初回借入日』から無利息期間が始まる点に特徴があります。

他の消費者金融カードローンの無利息サービスでは、『借入契約日』から期間を計算します。

ですので、プロミスの場合はとりあえず申し込んでおいて、借入れするタイミングで無利息期間を始めることもできます。

レイクALSAの場合

レイクALSAの無利息サービス
  1. 30日間・60日間無利息
  2. 5万円まで180日間無利息

があります。

方法③:市役所・ろうきんで借りる

市役所やろうきん(中央労働金庫)といった、公的な機関からも低金利でお金を借りることが出来ます。

市役所で低金利でお金を借りるには

市役所の場合、生活福祉資金貸付制度があります。

生活福祉資金貸付制度は、役所を窓口としてお金を借りられる制度です。

市役所や区役所にある『市区町村社会福祉協議会』を相談窓口として、厚生労働省管轄の都道府県社会福祉協議会から融資を受けられます。

生活福祉資金貸付制度は給付ではなく貸付なので返済義務がありますが、金利は1.5%~3.0%の低金利で借入できます。

また、連帯保証人を付ければ無利息でお金を借りることが出来ます。

ろうきん(中央労働金庫)でお金を借りるには

ろうきん(労働中央金庫)とは、労働組合や消費生活協同組合(生協)などの労働者団体が会員として運営されている金融機関になります。

普通の銀行と同様に預金口座でお金を貯められ、利用限度の範囲内であれば何度でも借入れや返済ができる無担保のカードローンを取扱っています。

ろうきんでお金を借りるには

ろうきんの申込み条件
  1. 年齢:満18歳~65歳未満
  2. 地域:住居か勤め先がろうきんの営業区内
  3. 職場:同一勤務先に1年以上勤務
    (自営業などの給与所得者以外は3年以上)
  4. 収入:安定・継続しており、年収150万円以上

といった条件を満たす必要があります。

また、必要書類として

ろうきんの必要書類
  1. ローン借入申込書
  2. 本人確認書類
    (運転免許証・パスポートなど)
  3. 収入証明書類
    (給与明細書・源泉徴収票など)
  4. 健康保険証(写し)
  5. 団体信用生命保険申込書兼告知書

が必要になります。

ろうきんの実施しているカードローンサービス『マイプラン』の金利は以下の通りとなります。

会社名 金利
中央労働金庫(中央労金) 年3.875~8.475%
東北労働金庫(東北ろうきん) 年6.000~8.950%
近畿労働金庫(近畿ろうきん) 年6.150~8.950%

方法④:日本政策金融公庫

お金の使用目的を『教育』に限定するならば、日本政策金融公庫の教育ローンもオススメの低金利でお金を借りる方法です。

日本政策金融公庫の教育ローンは、簡単に言えば『国の教育ローン』です。

最高350万円まで(海外留学資金は最高450万円)の融資が受けられ、年率1.90%の低金利になります。

まず、日本政策金融公庫の教育ローンを利用するには、扶養の子供の数に対応する世帯年収の要件を満たす必要があります。

子供の人数 世帯年収(事業所得者)の上限額
1人 790万円(590万円)
2人 890万円(680万円)
3人 990万円(770万円)
4人 1,090万円(860万円)
5人 1,190万円(960万円)

また、融資の対象となっている『学校』については

融資の対象となる学校
  1. 大学・大学院(法科大学院などの専門職大学院を含む)・短期大学
  2. 専修学校・各種学校・予備校・デザイン学校
  3. 高等学校・高等専門学校・特別支援学校の高等部
  4. 外国の高等学校・高等専門学校・短期大学・大学・大学院
    (原則6ヶ月以上の留学に限定)
  5. その他、職業能力開発校などの教育施設など

があります。

そのため、小学校や中学校などの義務教育には教育ローンは利用できません。

しかし、日本政策金融公庫の教育ローンの借入金は学校納付金だけでなく、受験費用や住居費用(アパート等の敷金・家賃など)、教科書代などの比較的幅広い目的に利用できます。

金利も年1.90%(固定金利)と低金利ですが、審査結果の回答までは約10日間、お金の受け取りまでは約20日程度かかります。

世帯年収200万円以下の方には特別な優遇制度もありますので、教育を目的とするお金なら日本政策金融公庫の教育ローンでの借入れもオススメします。

まとめ

どうしても『お金を借りる=高金利で借りる』ことになるというイメージになりがちですが、実際は低金利でお金を借りられる場所はたくさんあります

もちろん、貸してくれる相手の公共性が高くなればなるほど金利も低くなりますが、そのぶん借入時の審査などは厳しくなります。

『今すぐ低金利でお金を借りたい!』という方には、無利息期間を利用した消費者金融カードローンでお金を借りることをオススメします。

最短でその日のうちに融資が受けられるので、日本政策金融公庫のように融資に何日もかかることはありません。

さらに、無利息期間を利用すれば、利息なしでの返済で完済となります。

是非、当サイトオススメの消費者金融のカードローン『アコム』『プロミス』でお得にお金を借りちゃいましょう!

アコム

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、初めてお金を借りる方がよく利用するカードローンです。
30日間の無利息期間(※1)もついています。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。
審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。
30日間の無利息期間(※2)もついています。

≫詳細はこちら

(※1)アコムでのご契約がはじめてのお客様と返済期日「35日ごと」でご契約されたお客様
(※2)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。