外国人がお金を借りる方法とは?在留カードは必要?審査は厳しい?

外国人だから、お金を借りるのは難しいでしょ…』と思っていませんか?

近年では日本で生活する外国人も増えたこともあり、基本的に大手の消費者金融のカードローンなどでは外国人に対しても貸付を行っています

特に、消費者金融のカードローンの場合、外国人でも審査基準や契約時の本人確認書類・収入証明書類の提出が必要な点は日本人と全く同じです。

この記事では、外国人がお金を借りる方法について詳しく見ていきましょう!

外国人でもお金は借りられる!

結論から言えば、たとえ外国人であったとしても日本人と同じようにカードローンでお金を借りることは可能です。

在留カードなどの書類は必要になりますが、特別審査が厳しくなることもないです。

特に、消費者金融のカードローンであれば、最短でその日のうちに融資が受けられ、『今すぐお金が必要…』なんて時にはかなり便利です!

また、一定の無利息期間内であれば、利息を払うことなくお金を借りられてしまうんですよ!

是非、当サイトオススメの消費者金融のカードローン『アコム』『プロミス』でお得にお金を借りちゃいましょう

アコム

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、初めてお金を借りる方がよく利用するカードローンです。
30日間の無利息期間(※1)もついています。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。
審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。
30日間の無利息期間(※2)もついています。

≫詳細はこちら

(※1)アコムでのご契約がはじめてのお客様と返済期日「35日ごと」でご契約されたお客様
(※2)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

外国人がお金を借りる際の条件

『外国人は日本人と同様の条件でお金を借りることが出来る』とは言ったものの、やはり外国人ならではの条件も存在します。

条件①:日本に永住権をもっている

大手の消費者金融カードローンであれば、ほぼ例外なく申し込み要件に設定されているのが『日本に永住権を持っている』ことです。

永住権の証明としては、本人確認書類として『在留カード』『特別永住者証明書』の提出が必要になります。

日本の永住権の証明ができない場合、カードローンでの借り入れはほぼ不可能ということを覚えておきましょう。

条件②:契約内容を理解できる日本語能力

キャッシングの申し込みは、WEBや自動契約機、店頭窓口などで行うことになります。

契約の手続きや契約に関する重要事項などは基本的に全て日本語で説明されます。

内容を理解しないままで契約すると思わぬ金銭トラブルになりますので、契約内容を理解できる程度の日本語能力は習得必須と言えます。

条件③:居住年数の長さ

現在の住まいにどのくらいの期間暮らしているのかも審査の際にはチェックされています。

現在の住まいの居住期間が長い場合には問題ありませんが、数ヶ月程度の場合は審査通過が難しくなる可能性があります。

金融機関としては、お金を借りたまま返済せずに連絡がつかなくなることが怖いからです。

目安としては、1年程度の居住期間があればほとんど問題ありません

外国人がお金を借りる際に必要な書類

外国人がお金を借りる場合、日本人と同様に必要となる書類以外にも必要となるものが出てきます。

書類①:本人確認書類

カードローンの申し込みを行う場合、日本人・外国人に関係なく本人確認書類の提出が必須となっています。

この場合の本人確認書類には、運転免許証を提出すればOKです。

もし運転免許証の発行を受けていない場合には、パスポートと住民票の写しの2点の提出でもOKな場合があります。

書類②:在留カード・特別永住者証明書

外国人がカードローンに申し込みをする場合、在留カード若しくは特別永住者証明書の提出も合わせて必要となります。

在留カードは、日本に長期間から中期間滞在する場合に取得できる証明書類となります。

この在留カードは、留学などの理由で来日している場合に取得できます。

一方、特別永住者証明書は日本の特別永住権を保有している人が取得できる証明書類です。

特別永住者証明書の場合は、住居地の市町村に問い合わせることで取得できます。

外国人がお金を借りる際の注意点

日本人とほぼ同じようにお金を借りられるとはいえ、お金を借りる際に外国人が注意しなければならない点も存在します。

注意点①:在籍確認

カードローンの審査では、申し込み後にほぼ例外なく在籍確認が実施されます。

在籍確認とは、具体的には電話連絡によって、本当に申請した職場に勤務しているかどうか確認されるのです。

プライバシーには十分配慮されているので、職場にお金を借りたことがバレてしまう危険性はかなり低いです。

とはいえ、在籍確認が済まないと審査が終わらないので、勤務先の営業日や営業時間に気をつけて申し込みをしましょう。

注意点②:複数の借入れを行わない

カードローン会社では、申込み者の申込み履歴などを共有しています。

短期間に複数のキャッシング申込みを行うと、その情報は金融機関に筒抜けとなります。

すると、お金に困っていて安心して貸すことができないのではないか、と捉えられて審査が不利になります。

短期間に複数のカードローン申込みは避けることをおすすめします。

注意点③:返済計画を伝えよう!

店頭窓口で申込みをする場合、

申込み時に伝えるべきこと
  1. 月収のどれくらいを返済に充てられるのか
  2. どの程度の期間で完済できるのか

といった返済計画を伝えると、好印象を与え、審査通過に有利となります。

カードローン会社では公式サイトで返済シミュレーションができるようになっています。

こうした返済シミュレーションを活用し、場合によっては繰り上げ返済も計画に盛り込むべきでしょう。

まとめ

外国人でも在留カードや特別永住者証明書などの本人確認書類があり、毎月安定した収入があればカードローンでお金を借りることは簡単です。

特に、消費者金融のカードローンであれば、最短でその日のうちに融資を受けることが出来ますので、『今すぐにお金が必要…』という外国人の方にとってはうってつけと言えます。

また、一定の無利息期間も設定されており、その期間内であれば利息なしでの返済でOKなんです!

是非、当サイトオススメの消費者金融のカードローン『アコム』『プロミス』でお得にお金を借りちゃいましょう

アコム

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、初めてお金を借りる方がよく利用するカードローンです。
30日間の無利息期間(※1)もついています。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。
審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。
30日間の無利息期間(※2)もついています。

≫詳細はこちら

(※1)アコムでのご契約がはじめてのお客様と返済期日「35日ごと」でご契約されたお客様
(※2)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。