契約社員がお金を借りる方法【正社員じゃなくても借りれる?】

「契約社員でも安定した収入があれば、カードローンの利用は可能だ」という事実について

契約社員の方には、安定した収入があればカードローン(キャッシング)の利用ができるということを書いてください。

正社員と契約社員の大きな違いは、収入や福利厚生などの他に「契約期間の有無」が挙げられます。

契約社員は、企業と、「期間の定めのある労働契約を結んで働く」のが一般的です。しかし、正社員ではなく、契約社員だからといって、カードローンやキャッシングの利用ができないというわけではありません。

契約社員だとしても、通常、毎月安定した収入があれば、カードローンやキャッシングの契約や、利用をすることが可能となっています。

契約社員がキャッシング審査を受ける場合、注意することとは?

契約社員であっても利用できるカードローンやキャッシング。

審査の場合に重要となるのは、

  • 年収
  • 勤続年数

です。

借入先にもよりますが、借り入れできる金額は、年収や、勤続年数などによっても違ってきます。
また、カードローンやキャッシングの利用が初めてではなく、他社に借り入れがある場合は、他社での借り入れ状況も影響してきます。
だからといって、このとき、虚偽の申告をしてしまうと、逆に審査に通りにくくなってしまいます。

そのため、審査を受ける際には、正確な年収・勤続年数・他社の借り入れ状況などを申告しましょう。特に他社の借り入れ状況は、調べれば分かってしまうため、虚偽の内容を申告しても意味はありません。

通常、申し込みをする際には「希望借入額」を申告します。しかし、審査に通っても、希望借入額がそのまま限度額になるとは限りません。
限度額は、年収などによって違ってくるため、契約社員で年収が低い場合は、希望通りの金額とならないこともあります。

契約社員が審査に通りやすくするポイント

契約社員や派遣社員の場合であっても、カードローンやキャッシングの申し込みをすると、勤務先の会社に「在籍確認」の連絡が入ります。
このとき、申し込みをしたひとが、その会社で働いていることが確認できなければ、審査に落ちてしまう可能性があります。
契約社員の場合は、大抵、企業と直接契約を交わし、その場所で働いていることでしょう。
しかし派遣社員の場合は、契約を交わしている「派遣元」と、働いている「派遣先」が異なるケースが多くなっています。
そのため、申し込みをする際には、契約社員であっても派遣社員であっても、確実に在籍確認ができる場所を「勤務先」として申し込むのがおすすめです。
なお最近では在籍確認に応じない会社もあります。
その場合は、あらかじめ、在籍確認の電話がかかってくる可能性があることを会社に伝えておくと対応してもらえるケースがあります。
また、金融機関・消費者金融によっては、書面での在籍確認が可能なところもあります。

いくらまでなら借入できる??契約社員のキャッシング

契約社員に限らず、現在、貸金業法の総量規制によって、
「カードローンやキャッシングなどによって借入れできる金額は、年収の3分の1」
ということになっています。
これはカードローンやキャッシングによる借りすぎを防ぐためです。
ご自身の総量規制の金額を知りたい場合は、年収を3で割った数字が目安となります。
追加で新しくカードローンやキャッシングを考えている場合でも、この数字をオーバーすることはできないので気を付けましょう。
ただし、銀行の借り換えローンなど、対象外となる借り入れもあります。

まとめ

「正社員ではないからカードローンやキャッシングができない」
と考えているかたも多いようですが、実際はそんなことはありません。
安定した収入があれば契約社員であっても借り入れは可能です。
気になったら、まずは申し込んでみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。