学生がお金を借りる方法は?

学生がお金を借りる手段には、大きく分けて次の3つがあります。

学生の借入手段は奨学金・クレカ・カードローン

学生さんがお金を借りる際、多くの場合は

学生の借入手段
  1. 奨学金で借りる
  2. クレジットカードで借りる
  3. カードローン借りる

この中で、おすすめの方法はカードローンになりますが、それぞれの借りる方法を簡単にお話ししていきます。

手段1.奨学金で借りる

奨学金は学費や家賃のために借りるものですが、生活費として使う事も可能なので、奨学金を借りれるなら、奨学金でお金を借りる事が最もおすすめです。

ただ、事前に申請の必要であったり、申請する時期が決まっているなど不便なことが多いので、すぐお金が必要という方には向いていません。

手段2.クレジットカードで借りる

クレジットカードにはキャッシング機能がついており、そのキャッシング機能を使う事でお金を借りる事が出来ます。 クレジットカードがあればお金を借りられるという便利なものですが、キャッシングでお金を借りてしまうと、損をしてしまう事も多いです。

また、学生はこの機能をつけていないクレジットカードを持っている人も多く、お金を借りる為にこの機能をつけるというのは少し面倒になります。

手段3.カードローンで借りる

カードローンとは、銀行や大手消費者金融からお金を借りる事であり、学生専用の学生ローンというものもあります。 学生がお金を借りる手段として最もおすすめなのが、このカードローンで借りる事です。

その為、カードローンでお金を借りる方法をこれからお話ししていきます。

カードローンでお金を借りた方がお得な2つの理由

お金を借りる方法はいくつかありますが、学生に限らずお金を借りるのであればカードローンが最もおすすめです。

まずは、何故カードローンがおすすめなのかをこれからお話ししていきます。

返済方法が多様である

大手消費者金融や銀行からお金を借りた場合、返済方法がかなり多様にあります。

具体的には、次の6つの方法でお金を返すことが出来ます。

SANGOへようこそ!
  1. コンビニのATM 専用のATM
  2. 銀行振込
  3. 口座引落
  4. 店頭での返済
  5. ネット返済

 

このように、返済方法が豊富なため、自分の気が向いた時に好きな方法でお金を返すことが出来ます。

借金に慣れてしまうと返済がめんどくさくて、無駄に利子を支払う事が増えてしまうので、返済方法は多様なだけ便利になります。

手数料がかからない返済方法がある

金額や借りている期間にもよりますが、何回かに分けて返済する場合、年利よりも手数料の方が無駄なお金を支払う可能性が高くなります。

例えば、 3万円を1ヶ月借りた場合、年利18%と15%では利子は次のようになります。

3万円×18%÷365日×30日=444円・・・掛かる利子は444円

3万円×15%÷365日×30日=370円・・・掛かる利子は370円

年利が3%違ってもかかる利子は、1か月で74円しか変わりません。 その為、年利18%でATM手数料0円より、年利15%でATM手数料100~200円の方が損だという事になります。

お金を借りる時に、返済するときの手数料を考える人はあまり多くないですが、

学生の場合年利以上に手数料がもったいない事が多々あります。 そのため、手数料が掛からない返済方法が多い、カードローンでお金を借りた方がお得になります。

学生がお金を借りる方法

ここからは、カードローンでお金を借りる事を前提に、学生がお金を借りる方法をお話ししていきます。 未成年を含め学生であればお金を借りる事はとても簡単で、以下の図の3つに当てはまらなければ、ほぼお金を借りる事が出来ます。

バイトでも在籍確認できることがポイント この3つの条件に当てはまらなければ、お金を借りる事が出来る可能性は相当高いのですが、バイトと延滞金については補足しておきます。

長期的なバイトをする

短期のバイトをしていても、学生であればお金を借りる事が出来ます。 ただ、長期のバイトをしている方が、借りることが可能な会社が増える為、自分に合った会社から借りられるようになります。 長期的なバイトをすることで、利子が低い銀行からお金を借りることも可能になるので、出来る限り長期的なバイトをするようにしてください。 長期的なバイト・短期的なバイト 図※目安としては6か月~1年同じ職場で働くことが長期的なバイトの条件になります。

料金の滞納をしない

学生がお金を借りる事ができない最も大きな理由が、料金の滞納があります。 クレジットカードの支払いを長期的に滞納してしまっては、お金を借りる事が一気に難しくなります。 また、最近の携帯料金はほとんどの場合で、携帯本体の料金も含まれています。その為、携帯代を滞納してもクレジットカードの滞納と同じ扱いになるので、注意が必要です。 お金を借りれなくなる危険性 図 5.学生が気になる6つの疑問 ここから、お金を借りるにあたって学生が気になる6つの疑問について、簡単にお話ししていきます。

学生がお金を借りるときによくある質問

親にばれないの?

親バレしません

金融会社には、第三者に情報を漏らしてはならないという大原則があります。その為、借りた会社から第三者に情報が漏れるという事はまずありません。

もしばれるとしたら、自分のミスでばれることになるので、次の3つの点について気をつけるようにしてください。

未成年でも借りれるの?

未成年でも借りれます

学生であれば、未成年であってもお金を借りる事が出来ます。 ただ、未成年の社会人となると、消費者金融等ではお金を借りる事は出来ないので、クレジットカードのキャッシング機能を使ってお金を借りる必要があります。

また、未成年の学生であっても、銀行等では貸してくれないことがあるので、事前に確認はしておく必要があります。

学生ローンってなに?

学生ローンは学生専用のカードローンです

学生専用にお金を貸している会社からお金を借りる事を学生ローンと言います。それに対して、普通の消費者金融や銀行からお金を借りる事をカードローンと言います。 学生ローンは、金利は大手消費者金融とほとんど変わりませんし、借りたり返したりするのが不便なため、基本的におすすめしません。 ただ、短期バイトしかしておらず、大手の会社で断られてしまったという学生には、おすすめです。

返済に困ったらどうすればいい?

返せなくなった時はすぐに連絡しましょう

返せなくなった段階で、電話連絡を入れれば特に問題はありません。返せなくなった理由に応じて、これからの事を相談に乗ってもらえます。 ただ、初めから返す見込みのない金額を借りてしまい返せなくなった場合や、返済日にお金を返していないのに連絡せず、会社からの連絡も無視してしまうと、親に連絡が行く可能性があるので、気をつけてください。

借りたお金は何に使ってもいいの?

お金は自由に使えます

学生がお金を借りる場合、ほぼ間違いなくカードローンで借りる事になります。カードローンとは、プロミスやアコムのような消費者金融からお金を借りる事です。 カードローンは、住宅ローンのように使い方が限定されておらず、なんでも好きなことに使う事が出来ます。

疑問6.在学中に返す必要はありません 学生時代に借りたからと言って、学生のうちにお金を返さなければいけないものは1つもありません。返済日を守って返済していけばいいので、この点については何も心配する必要はありません。

学生さんが賢くお金を借りるコツ

学生でお金を借りるという人はほとんどが初めてだと思います。そこで、賢くお金を借りるコツをこれからお話ししていきます。 金利を計算する お金の借り方を選ぶ 借りる日にちを考える

コツ1.金利の計算をする

お金を借りる時に、多くの人が少しでも金利の低い会社から借りようとします。基本的にはその方がいいのですが、実際にお金を借りる日数を考えると、そこまで金利を気にする必要のないことも多くあります。 これから説明していきますが、返済する手間を考えたり、金利よりもATM手数料を気にした方が良い事も多いです。 利息 計算方法 図※利息とは、借りた金額に+して支払う金額のことで、金利が低くなれば利息も少なくなります。

コツ2.お金の借り方を選ぶ

自分がいくら借りるかによって、お金の借り方を変える事ができればお金を賢く借りる事が出来ます。 例えば、運転免許を取る為にお金を借りる場合は、専用のローンも考慮して、少しでも金利の安いものを選ぶのがベターです。 しかし、数日だけ借りる場合は、金利の低さより、返す方法が楽なものや近くにあるコンビニのATM手数料が無料の会社を選んだ方がお得に借りる事が出来ます。

コツ3.借りる日にちを考える

お金を借りるのは、なるべく必要な日の近くにして、必要最低限のお金を借り、返済できる時にすぐ返済するようにすることが大事です。 お金を借りるのは、非常に便利な事なので、慣れてくると大体で借りてしまう人が多くなってしまいます。 せっかく金利の低い会社でお金を借りても、その辺に気をつけないと結構損をしてしまうので、しっかり気をつける必要があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。