【審査通らない!】お金借りるときのコツ

カードローンを利用してお金を借りようとしても審査に通らない!人も一定数います。

この記事では、審査に通過するためのコツをご紹介していきたいと思います。

目次を見たい方はこちらをクリック♪

審査に通るための7つのコツ!

審査に通すためないは、次の7つに注意しましょう。

借入件数を減らす

借入件数が少なければ少ないほど、カードローン審査では有利に働きあります。

すでに複数の消費者金融や銀行カードローンから借金をしている場合は、完済できるカードローンは完済して借入先件数を減らしましょう。

借入総額を減らす

カードローンの審査の上では、借入総額も少ない方が有利です。 減らせるようであれば、新たにカードローンの審査に申し込む前に減らしておきましょう。

なお、審査においては、借入総額よりも借入件数の方が重視されます。まずは、借入件数を減らす方を優先しましょう。

審査時の借入限度額を低めに希望する

銀行系カードローンや消費者金融は、借入額(融資額)が大きいほど審査が慎重にならざるを得ません。

したがって審査通過率を高めたいのであれば、最初は少額を希望してある程度返済実績を積んだ上で増額を希望しましょう。

クレジットカードのキャッシン枠を使わないもしくは解約する

ご存じの方は少ないかもしれませんが、実はクレジットカードのキャッシング枠も借入件数にカウントされてしまいます。

利用していなくてもキャッシング枠が付いているだけで借入件数に含まれてしまうので、利用していないキャッシング枠付きクレジットカードは解約してしまいましょう。 なお、キャッシング枠が付いていないクレジットカードについては解約する必要はありません。

カードローンの複数申し込みは絶対にしない

カードローンに申し込むと信用情報機関に申込情報が記録されます。この申込情報が1ヶ月以内に3つ以上ある場合、審査に落ちる可能性が高まります。 申込情報が1ヶ月以内に3つ以上あるということは、お金に困っていることが明白だからです。いわゆる「申込ブラック」という状態です。

複数のカードローンに申込んだほうが、審査通過の確率が高くなりそうな気がしますが、それは間違いです。 審査に通過したければ、申込をするカードローンを2社までに絞ったほうがよいでしょう。 また、すでに3つ以上のカードローンに申し込み済みの場合は、申込情報が消える6ヵ月後を待ってから再度申し込みしたほうがよいでしょう。

カードローンの審査では嘘をつかない

当たり前の話ですが、審査では絶対に嘘をつかないようにしましょう。

金融情報は、すべて履歴が残っており、カードローン業者に把握されています。

嘘をつくと心象が悪くなり、審査に落とされる確率が高くなるので、必ず嘘をつかないで正直に審査を受けましょう。

申し込みの記入ミスをしない

これも当たり前の内容です。

記入ミスをしてしまうと、嘘をついていると勘違いされます。丁寧に記入ミスをしないように気をつけましょう。

まとめ

いかがでしたか?

どれも当たり前といえば当たり前な内容ですが、意外にできていない方が多いかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。