専業主婦がお金借りるなら銀行カードローンがおすすめ!

収入のない専業主婦の方は、銀行カードローンの利用をおすすめします。

消費者金融やクレジットカード会社、信販会社によるローンもありますが、残念ながら専業主婦の方は申し込むことができません。

銀行カードローンの特徴

銀行カードローンなら
  1. 低金利で借りれる
  2. 家族にバレずに申し込める
  3. 即日融資も可能

というメリットがあります。

低金利で借りれる

銀行カードローンは、一般に消費者金融よりも低金利で融資しています。消費者金融のキャッシングは、年率18%程度の金利が設定されていますが、銀行カードローンは、年率14%台で借りることができ、なかには年率10%以下のローンもあります。

家族にバレずに申し込める

また、申込方法にインターネット申込みを選ぶことで、家族(旦那)にバレずにお金を借りることも可能です。 利用中に若干の注意点はありますが、最後まで内緒にしておくことも不可能ではありませんよ。

即日融資も可能

一般に銀行カードローンの審査は、結果が分かるまでに時間がかかる、と言われています。しかし、バンクイックや、みずほ銀行カードローンなどの審査が早いサービスを選べば、専業主婦の即日融資も不可能ではありません。 仕事をしていない主婦でも旦那にバレずに今日中にお金を借りることができますので、専業主婦は、銀行カードローンで借りるようにしてください。

バレずに借りるためのポイントとは?

キャッシングしたことが旦那にバレないようにするには
  • 申込時の郵送物
  • ネット閲覧履歴やメール内容
  • ローンカードの保管方法
  • 督促の電話など

に気をつけましょう。

申込時の郵送物をなしにするには、「インターネット申込み」を選択するだけです。申込書や案内書(パンフレット)などは、メールや画面上で確認できるようになり、郵送物でバレる心配がなくなります。

また、家族で共通のパソコンを利用している主婦は、インターネットの閲覧履歴、メールなども削除しておいた方が安心です。ローンカードの管理をしっかりしておくのはもちろん、カードローンを利用していることが分かる物は、すべて隠しておかないといけません。

最後に、旦那にバレないために最も重要なことは、借入後の返済を確実にこなすことです。返済が遅れてしまい、あなたと連絡がつかなくなってしまうと、自宅に請求書が郵送されることもあります。

カードローン会社(銀行)からの電話には必ず出るようにし、万一、返済が遅れそうなときは、自分から連絡しないといけません。

専業主婦の賢いカードローンの選び方

専業主婦がカードローンを選ぶときは
  1. 安全な業者
  2. 無利息・低金利なサービス
  3. 返済が便利である

ものを選ぶようにしてください。

審査が不安だからといって、あやしい業者からお金を借りるのは危険です。安全な銀行のカードローンを選び、なるべく金利が低いもの、無利息サービスが用意されているローンがおすすめです。

また、返済方法が「口座振替(銀行引き落とし)だけ」というのは、おすすめできません。提携ATMが充実していれば、近くのコンビニで借入れや返済ができるようになります。最低限、コンビニのATMが利用でき、返済額も自分で決められるカードローンがおすすめです。

また、銀行によって、提携ATMの利用に手数料がかかることもありますので、長期的な返済を計画している主婦は、ATM手数料も確認しておくことをおすすめします。

主婦でもパートなどで収入がある人は借りやすい?!

もし、月に2万円~3万円のパート収入があるなら、消費者金融でお金を借りることも可能です。アコムなら、最短1時間での融資も可能で主婦の方に多く申し込まれています。

アコムでは主婦の場合も申し込み可能ですが、ご本人に安定した収入がある方であればご利用可能です(※専業主婦は除く)。

ただし、消費者金融のカードローンには、貸金業法の規制により
  • 総量規制がある
  • 収入証明書が必要になることがある
  • ATM手数料が発生する

という特徴があります。

総量規制というのは、消費者金融などによる「無理のある融資」をさせないための規制です。具体的には、年収の3分の1(4カ月分の収入)を超える融資を原則、禁止するものです。毎月2万円のパート収入があるなら「8万円まで」、3万円の収入があるなら「12万円まで」が上限額になるということです。

消費者金融では、希望する金額が50万円を超えているときは、必ず『収入証明書(源泉徴収票など)』の提出が求められます。他の消費者金融との借入額の合計が100万円を超えるときも用意しないといけません。

 

※参照 収入証明書とは?
収入証明書の種類は、源泉徴収票や給与明細書、住民税課税(非課税)証明書、所得証明書、個人事業主は確定申告書があります。

 

さらに、コンビニATMなどの提携ATMを利用すると
  • 1万円以下の取引:108円
  • 1万円超の取引:216円

のATM手数料が発生します。

消費者金融のカードローンは、融資までが早く、審査にも通りやすいと言われていますが、上のような注意点もあります。パートをしている主婦は、銀行、消費者金融のどちらにも申し込めますので、自分の状況に適したサービスを選ぶようにしてください。

申込みからお金を借りるまでの流れ

カードローンの申込みからお金を借りるまでの流れは
  1. カードローンの申込み
  2. 審査
  3. 審査結果の連絡
  4. 契約手続きとローンカード受け取り
  5. お金を借りる

の5段階になります。

  • STEP.1
    公式サイトから申し込み

    お勤めをなにもしていない主婦は、銀行カードローン、少しでも収入がある主婦は、銀行と消費者金融のカードローンからサービスを選びます。

    自分に適したカードローンを選んだら、申込手続きをしますが、申込方法は、旦那にバレないためにも「公式サイト」から申込みます。

    今日中にお金を受け取りたい主婦は

    • カードで借りる場合:20時まで
    • 振込してもらう場合:平日の14時まで

    には、すべての手続きを終えている必要があります。

    審査にかかる時間の目安を参考に、上の締め切り時刻に間に合うように申し込みましょう。

  • STEP.2
    審査結果を待つ

    申込みが完了したら、カードローン会社による審査が開始します。申込み時に審査項目を入力しますが、すべて正直に今の状況を伝えることが重要です。 審査でウソがバレてしまうと、必ず審査に落ちます。

    他社の借入額や借入件数をはじめ、全部の項目を正直に、かつ丁寧に入力しておかないといけません。

  • STEP.3
    審査結果を受け取る"

    早い金融機関で約30分すると、審査結果の回答の連絡があります。電話による連絡が一般的ですが、電子メールで回答が来ることもあります。 審査結果の連絡を受けるまでは、少し時間に余裕がありますので、この時間を利用して「自動契約機」の場所を確認しておくことをおすすめします。

    カードの受け取りは「郵送のみ」という金融機関もありますが、今日中にカードを受け取るには、自動契約機で発行してもらう必要があります。契約機の場所を確認しておけば、より早くお金が借りれるようになります。

  • STEP.4
    契約手続き

    自動契約機での契約手続き、カード発行には、運転免許証などの本人確認書類が必要です。

    運転免許証、あるいは、健康保険証を持参して、自動契約機で最後の手続きを行ってください。 ※カードレスのキャッシングでは、Web上で契約手続きをするのが一般的です。

  • STEP.5
    融資

    契約手続きまで完了したら、あとは

    • カードを利用して借入れ
    • 振込キャッシング

    のどちらかを選んでお金を受け取ります。

    カードを利用するなら、最寄りのコンビニATMでお金を引き出せるようになっています。

    自分の口座に振り込んでもらう場合は、会員専用サイトにログインして振込依頼をすれば完了です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。