彼氏・彼女からお金を借りるのはNG【対処法と弊害まとめ】

街を歩くと手を繋いだり腕を組んだり、傍から見ると羨ましくなるカップルを見かけることがあります。

ただ、恋人関係は楽しいことだけではなく、2人にしか分からない問題も抱えているはずです。

例えば、恋人が『お金に困っているから貸して欲しい』と言ってきた時、あなたはどうしますか?

確かに、大切な恋人かもしれませんが、それ以上にお金も大切です。

この記事では、彼氏や彼女がお金を借りてくる際の対処法について見ていきます。

彼氏彼女がお金を借りてくる時は…

まずは、彼氏や彼女がお金を借りてくる際の対処法について見ていきましょう。

どのような対応をすれば、関係性を壊すことなく対処できるのでしょうか?

対処法①:基本的には貸さない

確かに恋人としての信頼関係はあるとしても、関係性はあくまで彼氏と彼女です。

その関係に法的拘束力や契約書などはありません。

余計なトラブルや悩みを抱えるくらいなら、最初から貸さないのが一番です。

日本には『親しき仲にも礼儀あり』ということわざもありますが、本来他人からお金を借りる行為は好ましくありません。

身内ならまだしも、あくまで彼氏や彼女の立ち位置のはずです。

しっかり『No!』と拒否しましょう。

対処法②:なぜ必要なのかを問い詰める

愛する彼氏や彼女に『お金を貸して』と言われた時は、少し考えるようにしましょう。

二つ返事で了承してしまうと、そのパートナーにとってただの都合のいい人間になってしまいます。

お金を借りるほど困っているのにはそれなりの理由があるはずなので、まずは理由を聞きましょう。

その際、ギャンブルや娯楽は論外ですが、正当な理由にせよいったん落ち着いて話を聞くことが大事です。

御涙頂戴の嘘八百を並べて、平気な顔でお金を借りていくような人間もいます。

彼氏や彼女の人間性をしっかり吟味し、常に疑いをもって問い詰めるのが無難です。

対処法③:自分もお金に困っている旨を伝える

どうしても断りづらい場合は、自分自身もお金を持っていないと伝えましょう。

この場合、嘘でも問題ありません。

相手に嘘をつかれて、貸したお金が返ってこない…なんてことになるくらいなら、こちらの嘘でお金を貸さない方が誰も傷つきません。

『逆に貸して欲しいんだけど…』と迫るのも効果があるかもしれません。

『無いものは貸せない』という事実は、お金を借りたい側が一番よく分かっているはずです。

対処法④:そもそも連絡を取らないようにする

究極はお金を貸して欲しいという相談を受けた時点でシャットアウトです。

なんならもうそのまま連絡を取らず自然消滅になっていっても構いません。

そもそも簡単に恋人にお金の無心をしてくる人はお金の価値をまるで分かっていません。

その時点であなたとはもう価値観が合っていません。

価値観の違いでこれから起こるであろう様々なトラブルを考えたら多少辛くても思い切って縁を切ってしまったほうがあなたのためです。

時間が経てばきっと「あの時別れてよかった…」と思う日が来ます。

彼氏彼女にお金を借りてしまったことによる弊害

それでも人間、生きていれば予期せぬトラブルやピンチに巻き込まれてしまうものです。

お金だって自分の許容範囲を超えて必要になってくることだってないとも限りません。

しかし、恥を忍んで彼氏彼女にお金を借りてしまった場合、きっとうまくいかないことの方が多いような気がします。

それは2人の関係性だったりあなた自身の弱さに繋がったり様々な弊害が生まれてきてしまいます。

お金がない、じゃあ誰かに借りるしかない、身内は恥ずかしいし1番安心して借りることのできる存在は…。

そんな軽い気持ちでもしも彼氏彼女にお金を借りてしまったら…。

弊害①:2人の間に上下関係が出来てしまう

仮に彼氏彼女にお金を借りてしまった場合、まず顕著に現れてくるのが2人の関係性の変化です。

はっきり言ってしまうとお金を借りた時点で上下関係ができてしまいます。

この関係性は古来から一瞬たりとも変わっていません。

お金を貸した方が偉くなってしまうのです。

想像してみてください。

これから先のデート代は?食事代は?ホテル代は?

何をするにしたってお金はかかります。

そんな時にお互いの気持ちの最後に待ち構えているものはお金を貸した借りたという事実です。

弊害②:彼氏彼女がヒモ状態になってしまう

お金を借りないと生活できなくなるような人は例外を除いて大抵だらしがない人間です。

時間・お金・異性にだらしがない人間はその部分はもう治らないと言われています。

お金を借りた側はその時は感謝します。

必ず返すからと約束だってするでしょう。

でも、心の片隅でこんな気持ちが頭をもたげているはずです。

「なんだ、この人は自分が困っている時はお金を貸してくれるんだ」と…。

そうして行き着くところはいわゆるヒモ状態。

気付けばその人を丸ごと面倒見てしまう、なんてことになりかねません。

まとめ

いかがだったでしょうか。

いくら彼氏彼女とはいえあなたが苦労して働いて得たお金。

そんなお金を簡単に貸してくれというような人との付き合いはほとんどの場合トラブルや遺恨を残します。

断りづらい気持ちもあるかもしれませんが、あなた自身のことも大切にしてあげてください。

いつだってあなた自身を守れるのは他の誰かではありません。

他ならぬあなた自身なのですから。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。