母子家庭(シングルマザー)がお金借りる方法【様々な貸付制度を紹介】

母子家庭においては、子どもを育てるためにお金が必要になります。

特にまとまったお金が必要になるときとは、子どもが高校進学や大学進学などをする時に発生する、入学金です。また、これらの学校に行く際には毎月の授業料も高額になるため、そんな時にお金を借りなければならないかもしれません。

そんなときお金を借りれるのはどこになるでしょうか?

母子家庭が使える貸付制度

銀行系

シングルマザーが貸し付けを受けられる銀行系の貸付制度としては、銀行系が運営しているカードローンがあります

銀行系カードローンの場合、審査が厳し目で即日融資が難しいというデメリットはありますが、金利が安いと言う大きなメリットがあります。

審査が厳しいことで有名な銀行系カードローンですが、信用情報が良く、安定した収入があれば、喪王仕込み後すぐに借りられる銀行系カードローンもあります。

消費者金融系

シングルマザーがお金を借りる先としては、消費者金融からお金を借りると言う選択肢もあります。

この場合は、銀行系カードローンと比較すると金利が高いと言うデメリットがありますが、審査に通りやすいと言うメリットもあります。

特に、消費者金融系の場合は審査が早く即日融資が受けられることもあります

最短1時間程度で借りることができることもあります。職場の人など周囲に人にバレずに融資を受けることも可能です。

銀行系と比較すると最大貸付金額は少ないですが、短期間にて確実に融資を受けることができるのが消費者金融なのです。

公的な貸付制度

シングルマザーが利用できる公的機関からの貸付制度としては、母子寡婦福祉資金などの公的貸付制度もあります。

審査の他に提出書類が多かったり、面談があったりなど気軽に借りることはできません。

その関わりに金利が安く、返済期限も優遇されたりと生活に優しい貸付制度となっています。

公的貸付制度の種類

母子父子寡婦福祉資金貸付制度

母子父子寡婦福祉資金貸付金は、母子(父子)家庭が、就労や児童の就学などでお金が必要となったときに、県や市、その他の団体から貸付けを受けられる制度です。

母子寡婦福祉資金の場合、事業を開始するにあたって必要な設備投資量として借りることのできる限度額は2,850,000円で、住宅資金の場合は1,500,000円です。

子供が入学する際の融資金額は

融資の金額

学校への入学資金:40,600円〜590,000円
授業料等には:月額27,000円〜183,000円
事業開始・就職する際には月額68,000円

以上を借りることが可能です。

女性福祉資金貸付制度

女性福祉資金貸付制度は配偶者のいない女性を対象にした貸付制度になります。

事業を開始するための必要資金として2,870,000円を借りることができます。その際の貸付期間は7年です。

融資の金額

融資の金額

小学校入学:63,100円
中学校入学:79,500円
公立高等学校:160,000円
私立高等学校:420,000円
国公立大学・大学院入学:は380,000円
私立の大学:590,000円

生活福祉資金貸付制度

生活福祉資金貸付制度は低所得者や高齢者、障害者の生活を経済的に支えるとともに、その在宅福祉及び社会参加の促進を図ることを目的とした貸付制度です。

生活福祉資金貸付制度としては、住宅購入費用を借り入れることが可能です。その場合は40万円以内という条件があります。

教育資金については、

融資の金額

高校:月々35,000円
高専:月々60,000円以内
短大:月々60,000円以内
大学:月々65,000万円

別途修学支度費用として1回あたり50万円の融資が受けられます。その他にも、必要最小限の生業を営むための必要な資金として580万円以内での融資を受けることも可能です。

母子寡婦福祉資金

地方自治体が実施している制度として、母子寡婦福祉資金もあります。

この制度は20歳未満の子どもを扶養している母子家庭または父子家庭に対して資金の貸付を実施してます。

この場合は事業を開始する資金として2,870,000円を借りることが可能です。また、母親が技能取得中であれば生活資金として月額141,000円借りることが可能です。

全子度が受けられる融資としては

融資の金額

結婚資金:300,000円
小学校入学:63,100円
中学校入学:79,500円
公立の高等学校入学:160,000円
私立の高等学校入学:420,000円
公立大学入学:380,000円
私立大学入学:590,000円

公的貸付制度絵お借りる際に申し込みに必要なものは?

公的貸付制度にてお金を借りる際には、地方自治体が指定する書類を用意する必要があります

その必要書類としては、運転免許書やパスポートなどの本人確認書類と、住民票などの家族構成がわかる書類、保証人の収入証明書類、自立計画書、個人情報提供の同意書が必要です。

住宅入居費などについては、別途住宅手当支給証明者証明書などが必要となります。

民間で借りる際のメリット・デメリット

メリット

銀行や消費者金融にてお金を借りるメリットとしては、公的貸付期間よりも審査時間が短いことです。

特に消費者金融系では申し込んでから数時間にてお金を借りることができるので、これは大きなメリットです。

銀行系のカードローンの場合も最短翌日には融資を受けることができるので、1待てるのであれば、銀行系の融資を受ければ金利を安く押させることが可能です。

とにかく今すぐ少額必要な場合におすすめです。

デメリット

銀行や消費者金融にてお金を借りることのデメリットは、利子がかかってしまうことです。

この両者の中で金利メリットがあるのは銀行系カードローンですが、安い金融機関を探したとしても年間3~10%程度の金利がかかってしまいます。

100万円の場合は10%前後借りた場合には9万円もの金利がかかってしまうのです。金利がかかると返済総額が高くなってしまいます。

公的機関で借りる際のメリット・デメリット

メリット

公的機関にてお金を借りるメリットは、金利が安いことです。

もし連帯保証人を立てた場合は無理しにて借りることが可能で、連帯保証人を立てられなかった場合でも、年金利1.5%にて借りることが可能です。

この金利は、大手銀行カードローンの金利の半分です。金利を気にするのであれば、公的機関にて借りるのが良いでしょう。

デメリット

公的機関で借りる際のデメリットは、審査に時間がかかってしまうことです。

決して、審査が厳しいというわけではないのですが、土日営業している消費者金融系などと比較すると、土日をしっかりと休む市区町村については、審査時間が休日の影響で伸びてしまうことが考えられます。

もし、一刻も早くお金が必要な場合は消費者金融がおすすめです。

まとめ

シングルマザーがお金を借りる手段としてはいろいろな選択肢があります。

最も早くお金を確保したいのであれば消費者金融がおすすめです。

日程的に余裕があるのであれば、無利子になることもある公的機関に申し込むと良いのではないでしょうか。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。