派遣社員がお金を借りる方法とは?年収いくらなら借りられるの?

あるデータによると、派遣社員や契約社員といった非正規雇用者は正規雇用者と比較して平均年収が100万円以上も低いという結果でした。

『契約社員がお金を借りる方法』について知りたい方はこちらの記事も!

また、派遣社員の時間給が男性1,435円、女性は1,294円というデータもあります。

派遣社員の収入に関する問題は深刻であり、特に派遣社員として働く女性のなかには『毎月の給料が低い』『時給制だから収入が安定しない』といった理由から、生活費の補填として金融機関からお金を借りたいと考えている方も多いと思います。

今回の記事では、派遣社員がお金を借りる方法について解説していきます。

派遣社員でもお金は借りられる…?

結論からお伝えすると、派遣社員であっても消費者金融のカードローンでお金を借りることは出来ます

派遣社員でも安定した収入があると認められれば、カードローン契約が可能です。

派遣社員は現在の派遣先との契約が切れたら、次の仕事をすぐに入れてもらえるか不安ですよね。

いざという時のためにカードローン契約をしておくと、生活費に困らなくなるでしょう。

特に消費者金融のカードローンであれば、最短でその日のうちに融資が受けられるので『今すぐお金が必要』という方にはピッタリです。

また、無利息期間も設定されているので、期間内の返済であれば利息0円で完済となります。

是非、当サイトオススメの消費者金融のカードローン『アコム』『プロミス』でお得にお金を借りちゃいましょう!

アコム

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、初めてお金を借りる方がよく利用するカードローンです。
30日間の無利息期間(※1)もついています。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。
審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。
30日間の無利息期間(※2)もついています。

≫詳細はこちら

(※1)アコムでのご契約がはじめてのお客様と返済期日「35日ごと」でご契約されたお客様
(※2)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

派遣社員の審査通過のポイント

派遣社員は雇用契約と派遣契約を異なる会社と結ぶことになります。

そのため、カードローンには原則として派遣元の会社名で申込みを行うべきです。

なぜなら、在籍確認の電話をかける際に派遣先の会社に連絡されてしまうと、『派遣社員については知らない』という対応をされる可能性があるからです。

派遣元の会社ならば、事前に『クレジットカード申込みの予定がある』と話しておけば、在籍確認の電話とバレずにクリアできるはずです。

また、派遣元の会社が同じであれば、派遣先だけ数ヶ月ごとに移動したとしても連続した雇用契約が結ばれているとして安定した収入を得ていると認められやすくなります。

実際に給与明細書や源泉徴収票を発行する会社も派遣元ですから、なるべく同一派遣元で1年以上継続勤務し、源泉徴収票を確保した上で臨めば、カードローン審査は通りやすいです。

派遣社員が審査に落ちる理由

カードローンを利用してお金を借りるには雇用形態にかかわらず、審査に通過する必要があります。

審査に通過できなかった場合は、カードローンを利用してお金を借りることはできません。

そのため、カードローンを利用してお金を借りたい派遣社員は『どんな人が審査に落ちるのか?』を事前に知っておきましょう。

なお、カードローン審査に落ちる原因には、以下のようなものがあります。

派遣社員が審査に落ちる理由
  1. 派遣登録から3ヶ月未満
  2. 日雇勤務や短期の派遣社員
  3. 支払いへの延滞経験あり

理由①:派遣登録から3ヶ月未満

派遣登録から3か月未満の派遣社員の方は、安定した収入を担当者に認められないことからカードローン審査に通りません。

銀行や消費者金融が展開するカードローンの申込条件には『安定した収入』という項目があります。

なお、安定した収入の基準は『毎月1回以上の収入を2か月以上連続で得ているか』という点です。

つまり、派遣社員として収入を得てから2か月以上の期間が経過していない人はカードローンの申込条件を満たせないため、お金を借りることはできません

理由②:日雇勤務や短期の派遣社員

日雇い勤務や短期の派遣社員として働いている人はカードローン審査に通るのが厳しいと言えます。

なぜなら、『収入が不安定で返済能力が低い』と判断されるからです。

カードローン審査において重要なのは、申込者が得ている収入の安定性です。

日雇い勤務や短期の派遣社員は本人の勤務状況によって給与が変動するため、審査担当者に収入の不安定さを疑われる恐れがあります。

とはいえ、短期派遣や日雇勤務の派遣社員でも収入証明書類を提出することでカードローン審査に通る可能性があります。

収入証明書類は、審査担当者が『安定した収入を得ている』と確信できる判断材料になるからです。

日雇い勤務や短期の派遣社員は『カードローン審査に不利だが、安定収入を証明できればお金を借りられる可能性がある』と覚えておきましょう。

理由③:支払いへの延滞経験あり

クレジットカードなどの支払いを延滞している派遣社員は信用情報に金融事故の記録がある可能性が高く、カードローン審査に落ちる恐れがあります。

信用情報とは、クレジットカード会社やカードローン会社などの信用取引に関する利用履歴のことです。

信用情報は個人信用情報機関に保管されており、カードローン審査の際に審査担当者が必ず確認します。

例えば、クレジットカードなどの支払いを61日以上延滞した派遣社員は、信用情報に長期延滞という記録が残ります。

長期延滞は、金融機関とのやり取りのなかで返済トラブルがあったことを意味しています。

なお、長期延滞の記録が残る原因には、

長期延滞に含まれる支払い
  1. スマホ本体の割賦払い
  2. 奨学金の返済
  3. クレジットカードの支払い
  4. 保証会社を介した家賃
  5. カードローンへの返済

となります。

逆に、含まれない支払いは

長期延滞に含まれない支払い
  1. 公共料金の支払い
  2. スマホやWi-Fiなどの通信料
  3. 税金関係の支払い
  4. 年金や健康保険などの保険料
  5. ビデオショップのレンタル料金

となります。

これらの支払いの延滞経験がある派遣社員は、カードローンからの借り入れを諦めるしかありません。

派遣社員はいくらまで借りられる?

派遣社員は派遣先により年収が変わるので、カードローン申込時の年収は前年度のものになります。

信販会社や消費者金融からの借り入れ総額は貸金業法で定められた総量規制によって、年収の1/3以内に制限されています。

複数社とのカードローン契約を行っていても、年収の1/3に到達した時点で既存の借入残高を減らさない限りは追加の借入を行えません。

銀行カードローンについては、銀行ごとの独自基準となるので個別に判断が必要になります。

返済可能な範囲を考慮して、なるべく年収の1/3以内に借入額を抑える工夫を心掛けることが大切です。

派遣社員の審査における注意点

派遣社員がお金を借りる際の審査を受ける場合、どの貸金業者に対して申込むかによって目安となる数値が変わります。

なぜなら、貸金業者の多くはスコアリングモデル審査と呼ばれる方法で点数化しているからです。

スコアリングモデル審査
  1. 年収
  2. 勤続年数
  3. 社会属性
  4. 他社借入れ数
  5. 他社借入れ総額

以上のような項目に基づいて点数化しています。

大まかな審査の通過条件としては

派遣社員の審査通過基準
  1. 大手消費者金融
    →派遣期間1年以上かつ年収300万円以上
  2. 中小消費者金融
    →派遣期間6ヶ月以上かつ年収100万円以上

となっています。

派遣社員は派遣元と雇用契約を結んでいるので、同一派遣元での勤続年数を基準として考えます。

最長派遣期間である3年に到達するギリギリにカードローン契約をしておけば、派遣会社を移動しても借入れを継続できます。

他社の借り入れ状況に関しては、大手消費者金融の場合は『他社借り入れ無しの場合は審査に通りやすい』、中小消費者金融の場合は『他社借り入れ状況は要相談』となっています。

まとめ

働き方が多様化している現代であれば、派遣社員として継続的に働き続けている方もたくさんいます。

同じ派遣元での勤務歴が長いことを証明すれば、安定した収入があるとみなされ、カードローン審査に通りやすくなります

新たなカードローン申込みをする際には、同じ派遣元で1年以上継続勤務を目安として申込みをすれば、少なくとも門前払いとなるリスクを減らせます。

特に消費者金融のカードローンであれば、最短で即日融資が受けられるので『今すぐお金が必要』という方にはかなり便利な存在です。

また、無利息期間が設定されているので、期間内の返済であれば利息なしで返済が可能になります。

是非、当サイトオススメの消費者金融のカードローン『アコム』『プロミス』でお得にお金を借りちゃいましょう!

アコム

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、初めてお金を借りる方がよく利用するカードローンです。
30日間の無利息期間(※1)もついています。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。
審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。
30日間の無利息期間(※2)もついています。

≫詳細はこちら

(※1)アコムでのご契約がはじめてのお客様と返済期日「35日ごと」でご契約されたお客様
(※2)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。