自営業者がお金を借りる方法とは?【フリーランス・個人事業主必見】

一般的に自営業者(フリーランス・個人事業主・経営者)はカードローンや住宅ローンなどの審査が通りにくいと言われています。
サラリーマンと比べて、月々の収入が安定しておらず、貸し倒れのリスクがあるとみなされているからです。

したがって、生活資金がたりないときやまとまった事業資金の準備などでローンを利用したい場合に、審査に悩む自営業者はかなり多いです。

では、自営業者でも簡単にお金を借りる方法はないのでしょうか?
もちろん、自営業者であっても収入証明書類や事業に関する書類をキチンと提出し、健全な事業運営が証明できれば、金融機関からお金を借りることは可能です。

この記事では、フリーランスや個人事業主、経営者などの自営業者が有利にお金を借りるためのポイント審査が通りやすい借り入れ方法などを紹介します。
特に、日本政策金融公庫や銀行ビジネスローン、ノンバンク系ビジネスローンなどの個人事業主向けの商品を中心に見ていきます。

経営者は一人孤立してお金の悩みを抱えがちですが、いろいろな方法を検討して悩みの解消を目指しましょう。

自営業者がお金を借りにくい理由とは?

自営業者にとって、カードローンなどの無担保ローンはハードルが高い商品です。
審査が不利になる、というよりは少し特殊な手続きが必要になるのです。

儲かっている(黒字経営)場合でも、個人事業主というだけでカードローンなどの借り入れ審査を躊躇する人が多いようです。
中には、サラリーマン時代に作ったローンカードをそのまま利用してお金を借りているケースも見られます。

『自営業者はお金を借りにくい』と言われるのは、一体何が原因なのでしょうか?

自営業者がお金を借りにくい理由①:月々の収入が不安定

自営業者がお金を借りにくい理由として、第一に挙げられるのは『収入の不安定さ』です。

個人事業主は、会社に勤めるサラリーマンよりも安定的な収入が得にくくなります。
自分の取ってきた仕事の件数や単価、当月の売り上げなどが収入に直結することになります。

そのため、会社の売り上げに関係なく、同じ金額のお給料をもらえるサラリーマンに比べるとどうしても不安定な収入になってしまいます。

黒字経営が続き、現在安定的な収入を得ていたとしても、次の月にはどうなるか分かりません。
銀行や消費者金融などでもその点を重く捉えて、自営業者への審査を厳しくしている傾向があります。

サラリーマンであれば会社への在籍確認で済むところを、自営業者には業務内容を確認できる書類(確定申告書等)まで求める貸金業者もあるくらいです。

自営業者がお金を借りにくい理由②:家族経営の形態が多い

カードローンなどの無担保、保証人ナシのローンは、基本的に本人の返済能力によって借り入れの可否が決められます。

しかし、家族構成や自宅の有無なども審査には多少なりとも関わっています。
これは、親がいれば子供の借金返済をカバーしてくれる可能性があったり、資産があれば収入がなくなっても返済の可能性があるためです。

自営業者の場合には家族経営が多くなっています。
すると、自営業者本人の収入状況が悪くなると、家族も同様に収入状況が悪くなり、返済の可能性が低くなります。

また、返済のあてが少なくなることで踏み倒されたり、夜逃げされるのではないか、というリスクも考えて、貸金業者は自営業者の審査を厳しくします。

 

自営業者がスムーズにお金を借りるためのポイント

もちろん、自営業者向けのローンもあることにはあります。

しかし、申し込み時の対応や経営努力がしっかりと出来ていない人にとっては、どんなローンでも審査は厳しくなります。

融資審査の通過見込みをより高めるために、今からできることを考えてみましょう。

自営業者がお金を借りる際のポイント①:書類作成はしっかりと

自営業者のローン利用では、事業計画書や事業実態確認用の書類の作成が必要となることが多いものです。

健全で計画的な経営を行っている事業者は問題ありませんが、開業したばかりの人や行き当たりばったりの経営を行ってきた人は注意が必要です。

揃える書類は借り入れ先ごとに違いますが、指定された書類の作成は慎重に行いましょう。
多くの金融機関は、融資の申し込みの際に

必要な書類 一覧
  • 本人確認書類(運転免許証・日本国パスポート・健康保険証など)
  • 収入証明書類(納税通知書(証明書)・確定申告書など)
  • 事業に関わる書類

ずさんな経営をしてきた場合には、これまでの経営を見直すためにも大切です。

0円申告や赤字決算でも審査に通る?

自営業者であれば、節税のために確定申告において、なるべく経費を多く、所得を少なく申請している場合もあるかと思います。
ただ、金融機関に提出する書類において0円申告や赤字決算である場合、審査に通過しにくいのではないか、と不安になりますよね。

結論から言えば、0円申告や赤字決算だからと言って確実に審査に落ちるわけではなく、審査担当者の裁量次第となります。
例えば、起業から1~2年目の場合などは、現在において業績が伸びていることや今後収益が望めることなどが証明できれば、借り入れできる可能性は十分にあります。

ただし、起業からすでに何年も経過しているにも関わらず、0円申告や赤字決算となっている場合には、事業に将来性が感じられないとして審査落ちになる可能性はあります。

自営業者がお金を借りる際のポイント②:資金の使途に合わせて金融機関を選ぶ

カードローンには、使用目的が指定されているものとそうでないものがあります。
事業資金としての利用が認められていないカードローンもあり、その場合には申し込み時に生活資金を選ばなければいけません。

事業資金にお金を使うことが決まっている場合には、専用のビジネスローンや金融公庫の融資でお金を借りた方が有利な条件で借り入れできるでしょう。

自営業者がお金を借りることのできる金融商品の比較

ここからは、実際に個人事業主の方が融資を受けられる金融商品を紹介していきます。
以下、原則として無担保で融資を受けられる商品ですが、中には不動産を担保に高額融資を受けられる商品も存在します。

日本政策金融公庫 銀行のビジネスローン ノンバンク系ビジネスローン カードローン
金利(実質年率) 3.0%以下 2.0~15.0%ほど 2.5~15.0%ほど 3.0~18.0%ほど
借入可能額 審査結果次第 10万円~1億円 10万円~1,000万円 1万円~1,000万円
審査期間 2週間 3営業日~2週間 最短即日~1週間 最短即日~1週間
審査難易度 難しい やや難しい 普通 普通
返済期間 長い 短い 長い 長い
資金使途 事業性資金のみ 事業性資金のみ 事業性資金 生活費 生活費
(一部、事業性資金OK)

傾向としては、融資額が小さいほど金利が高く、借入までの期間も短いです。
そのため、何のために金融機関から借入したいのか、目的をしっかりと決めて申込みをする必要があります。

開業資金には高額融資で低金利な日本政策金融公庫から借入をするのが良いですし、生活費の足しにしたいならばカードローンを利用するのが良いです。

以下、それぞれの金融機関について、詳しく説明していきます。

日本政策金融公庫:高額融資にオススメ

開業資金で高額融資を受けたい時は、日本政策金融公庫の利用をおすすめします。

日本政策金融公庫は国が100%出資している株式会社で、国民生活、農林水産業、中小企業に特化した融資をしています。

とくに中小企業や個人事業主に対しては、積極的に支援をすることで経済活動を活発化できるという意図がありますので、事業として売上を出していなくても事業計画と必要な金額の見積もりができていれば開業資金の借入も出来ます。

もちろん、すでに運営している事業主でも、決算書の提出で追加融資を受けることも可能です。

日本政策金融公庫からの借入は年率3.0%以下に抑えられているため、高額融資を受けても無理なく返済をすることができます。

ただし、日本政策金融公庫から借入するデメリットもあります。
それは、申込みの手間と審査期間です。

日本政策金融公庫は役所みたいなものなので、審査は厳正で、必要な書類を準備して、直接担当者と面談して審査を進めなければなりません。
審査には概ね2週間程度かかり、借入までには1ヶ月ほど掛かることも少なくありません。
そのため、急な資金繰りの際には、日本政策金融公庫は利用しにくいです。

また、法人を設立する際の資本金や増資のための出資金には日本政策金融公庫からの融資を利用できない点も注意が必要です。

銀行のビジネスローン:魅力的な金利と融資額

銀行ビジネスローンの魅力は金利です。
無担保でも審査に通れば2.0%~15.0%ほどの金利で借り入れが可能です。

また、不動産を担保にすれば、融資額も増額される可能性が高いので、銀行ビジネスローンはまとまった資金で事業を拡大したい時などに利用するのに向いています。

銀行ビジネスローンのデメリットは、審査期間が長いことです。
申込みの手間は日本政策金融公庫ほどではありませんが、審査には早くても3営業日ほど、融資までには1週間以上掛かります。
高額融資の場合は、借入までになんと1ヶ月ほど掛かることもあります。

急ぎで融資を受けたい場合は、ノンバンク系ビジネスローンやカードローンを利用すると良いでしょう。

ノンバンク系ビジネスローン:すぐに事業性資金を借りたいなら〇

ノンバンク系のビジネスローンは、銀行以外の私企業が提供している個人事業主や法人代表者向けの金融商品です。
例えば、『ビジネクスト』やオリックス・クレジットの『VIPローンカードBUISINESS』などがノンバンク系ビジネスローンにあたります。

ノンバンク系ビジネスローンの特徴は、事業性資金を最短即日で借入れできる点です。
もちろん、高額融資は審査難易度と審査期間が延びる傾向にあるので必ず即日とは言えませんが、日本政策金融公庫や銀行ビジネスローンよりも早く借り入れできます。

このことから、ノンバンク系ビジネスローンは急な資金繰りに際して借入するのに向いていると言えるでしょう。

また、ビジネスローンは総量規制の例外貸付を利用できますので、年間所得(年収)の3分の1を超える融資を受けられます。

総量規制とは、個人に対する融資は年収の3分の1までと定めた貸金業法上の決まりで、本来ノンバンクは規制の対象になります。
しかし、個人事業主への融資は総量規制の例外に当たるので、年間所得の3分の1以上の融資を受けることも可能です。

ただし、他社借入は審査において考慮はされるので、所得の少ない人や他からの借入が多い人は利用限度額を抑えての契約になります。

ノンバンク系ビジネスローンのデメリットは、金融商品の中で高金利な商品である点です。

長期の借入だと利息がかさみやすいため、返済の目処が立たない場合は利用を控えた方が良いかもしれません。

カードローン:すぐにお金を借りたいなら〇

カードローンは金融機関の提供する個人向け無担保融資のことです。
アコムやプロミスに代表される消費者金融系カードローンと、三菱UFJ銀行カードローン『バンクイック』などの銀行カードローンとに大別されます。

カードローンは個人向け金融商品なので、申込みから借入までの手続きが、他の借入方法と比べてシンプルな上、最短即日で融資を受けられるのが強みです。
特に、消費者金融は審査速度に優れているため、カードローンは急な借入に適しているといえます。

カードローンのデメリットは、事業性資金をNGにしている商品が多いことです。
そのため、審査や融資速度に優れていても、カードローンは基本生活費にしか使えません。
ただ、アコムやプロミスなど、自社のビジネスローンがある一部のカードローンは、事業性資金でのカードローン利用をOKにしています。

また、カードローンは総量規制の対象になりますので、年収の3分の1を超える融資を受けられません。
0円申告などしている人や赤字決済を出している人は、カードローンの利用は難しいです。
ちなみに、銀行は総量規制の影響を受けませんが、昨今の自己破産者の増加を受け、総量規制を意識した融資を行っています。

また、総量規制に関わらなくても、カードローンの初回利用額は多くの場合50万円未満です。
特に個人事業主の方の場合、金融機関側も審査が手間な上、貸し倒れのリスクも通常のサラリーマンより高いことから、利用限度額は多くても30万円程度の少額に抑えられます。

当サイトオススメの消費者金融カードローン『アコム』『プロミス』

アコム

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、初めてお金を借りる方がよく利用するカードローンです。
30日間の無利息期間(※1)もついています。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。
審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。
30日間の無利息期間(※2)もついています。

≫詳細はこちら

(※1)アコムでのご契約がはじめてのお客様と返済期日「35日ごと」でご契約されたお客様
(※2)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

 

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?

確かに、自営業者の方はサラリーマンと比べて収入が安定しないことから、ややお金を借りづらい職業にはなっています。
しかし、きちんと書類を提出し、業績が安定していることを証明できさえすれば、借りられる金融機関は存在します。

特に、事業性資金であれば、公的な金融機関からも融資を受けられます。

また、すぐに生活費としての資金が必要となった場合でも、消費者金融のカードローンに申し込めば少額は借りることが可能です。
現在の消費者金融のカードローンでは、『最短即日融資』と『無利息期間』が設定されている場合が多くなっています。
無利息期間内の借入れであれば、元本のみの返済で済んでしまうんですから、かなりお得な借り入れだと言えますよね。

『どうしても今すぐ、お金が必要なんだ…』という自営業者の方は当サイトオススメの消費者金融のカードローン『アコム』『プロミス』からお借入れしてみてはいかがでしょうか?

アコム

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、初めてお金を借りる方がよく利用するカードローンです。
30日間の無利息期間(※1)もついています。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。
審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。
30日間の無利息期間(※2)もついています。

≫詳細はこちら

(※1)アコムでのご契約がはじめてのお客様と返済期日「35日ごと」でご契約されたお客様
(※2)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。