自営業者がお金を借りる方法とは?【フリーランス・個人事業主必見】

一般的に自営業者はカードローンや住宅ローンなどの審査が通りにくいです。

サラリーマンと比べ、月々の収入が安定していないリスクがあるからです。

なので、生活資金の不足や事業資金の準備などでお金を借りる場合に、多くの自営業者は審査に悩むことになります。

ただ、自営業者であっても必要書類をキチンと提出し、健全な事業運営が証明できれば、金融機関からお金を借りることは可能です。

この記事では、フリーランスや個人事業主、経営者などの自営業者がお金を借りる際のポイント審査が通りやすい借り入れ方法などを紹介します。

自営業者でもお金は借りられる?

確かに収入などの点で借入れの審査には不利ですが、自営業者はお金を全く借りられないわけではないのです!

すぐに生活費としての資金が必要となった場合であれば、消費者金融のカードローンをオススメします。

いくら自営業者の収入が不安定とはいえ、50万円までは問題なく借りられます。

消費者金融のカードローンであれば、最短でその日のうちにお金を借りられますので、今すぐ生活に困っている方にはうってつけです。

また、無利息期間内であれば利息なしでの返済となり、非常にお得です。

『今すぐ、生活費が必要…』という自営業者の方は当サイトオススメの消費者金融のカードローン『アコム』『プロミス』を利用しましょう!

アコム

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、初めてお金を借りる方がよく利用するカードローンです。
30日間の無利息期間(※1)もついています。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。
審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。
30日間の無利息期間(※2)もついています。

≫詳細はこちら

(※1)アコムでのご契約がはじめてのお客様と返済期日「35日ごと」でご契約されたお客様
(※2)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

自営業者がお金を借りられない理由

自営業者にとって、無担保のカードローンなどはハードルが高い商品です。

儲かっている(黒字経営)場合でも、カードローンなどの借り入れ審査を躊躇する自営業者は多いです。

自営業者がお金を借りにくい理由は、大きく分けて以下の2つになります。

自営業者がお金を借りにくい理由
  1. 月々の収入が不安定
  2. 家族経営の形態が多い

理由①:月々の収入が不安定

自営業者がお金を借りにくい理由として、第一に挙げられるのは『収入の不安定さ』です。

自分の取ってきた仕事が収入に直結するので、サラリーマンよりも安定的な収入が得にくくなります。

銀行や消費者金融なども収入の不安定さを懸念し、自営業者への借入れ審査が厳しいことが多いです。

自営業者には、業務内容を確認できる書類(確定申告書等)まで求める貸金業者もあるくらいです。

理由②:家族経営の形態が多い

カードローンなどの無担保、保証人不要のローンは、基本的に本人の返済能力によって借り入れの可否が決定されます。

この際、家族構成なども返済能力として審査されています。

なぜなら、親が子供の借金返済をカバーすることが可能ですからね。

ただ、自営業者の場合には家族経営が多くなっています。

自営業者本人の収入状況が悪くなると、家族も同様に収入状況が悪くなることになるので、返済の可能性が低くなります。

こうした家族経営の自営業者には、カードローンなどの借入れ審査はかなり厳しいものになります。

自営業者がお金を借りる際のポイント

金融商品の中には、もちろん自営業者向けの借入れも存在します。

ただ、そういったローンであっても、一定水準の審査は設けられています

借入時の審査に通過するために、自営業者が今からできる2つのポイントを見ていきましょう。

自営業者がお金を借りる際のポイント
  1. 書類作成はしっかりと
  2. 資金の使途で金融機関を選ぶ

ポイント①:書類作成はしっかりと

自営業者のローン利用では、事業計画書や事業実態確認用の書類の作成が必要となることが多くなります。

揃える書類は借り入れ先ごとに違いますが、指定された書類の作成は慎重に行いましょう。

多くの金融機関は、融資の申し込みの際に

自営業者が融資の際に必要な書類
  1. 本人確認書類(運転免許証・健康保険証など)
  2. 収入証明書類
    (納税通知書(証明書)・確定申告書など)
  3. 事業に関わる書類
といった書類が必要となります。

ポイント②:資金の使途で金融機関を選ぶ

金融商品の中には、使用目的が指定されているカードローンもあります。

事業資金としての利用が認められていないカードローンもあり、その場合には申し込み時に生活資金を選ばなければいけません。

事業資金の場合には、専用のビジネスローンや金融公庫の融資でお金を借りた方が有利な条件で借り入れできるでしょう。

自営業者がお金を借りる方法とは

ここからは、実際に自営業者の方が融資を受けられる金融商品を紹介していきます。

自営業者がお金を借りられる金融商品
  1. 日本政策金融公庫
    →高額融資にオススメ
  2. 銀行のビジネスローン
    →金利と融資額に魅力
  3. ノンバンク系ビジネスローン
    →すぐに事業性資金を借りるなら〇
  4. カードローン
    →すぐにお金を借りるなら〇

以上の4つが、原則として無担保で融資を受けられる商品となっています。

ただ、中には不動産を担保に高額融資を受けられる商品も存在します。

傾向としては融資額が小さいほど金利が高く、借入までの期間も短いです。

日本政策金融公庫 銀行のビジネスローン ノンバンク系ビジネスローン カードローン
金利(実質年率) 3.0%以下 2.0~15.0%ほど 2.5~15.0%ほど 3.0~18.0%ほど
借入可能額 審査結果次第 10万円~1億円 10万円~1,000万円 1万円~1,000万円
審査期間 2週間 3営業日~2週間 最短即日~1週間 最短即日~1週間
審査難易度 難しい やや難しい 普通 普通
返済期間 長い 短い 長い 長い
資金使途 事業性資金のみ 事業性資金のみ 事業性資金 生活費 生活費
(一部、事業性資金OK)

自営業者がお金を借りる際には、金融機関からお金を借りる目的をしっかりと決める必要があります。

まとめ

確かに、自営業者の方は収入が安定しないことから、お金を借りづらい職業にはなっています。

しかし、きちんと書類を提出し、業績の安定を証明すれば、事業性資金であっても借りられる金融機関は存在します。

また、すぐに生活費としての資金が必要となった場合でも、消費者金融のカードローンを利用しましょう。

いくら自営業者の収入が不安定とはいえ、50万円までであれば問題なく借りることができます

消費者金融のカードローンであれば、最短でその日のうちにお金を借りられますので、今すぐ生活に困っている方にはうってつけです。

また、無利息期間内であれば利息なしでの返済となり、非常にお得です。

『今すぐ、生活費が必要…』という自営業者の方は当サイトオススメの消費者金融のカードローン『アコム』『プロミス』を利用しましょう!

アコム

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、初めてお金を借りる方がよく利用するカードローンです。
30日間の無利息期間(※1)もついています。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。
審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。
30日間の無利息期間(※2)もついています。

≫詳細はこちら

(※1)アコムでのご契約がはじめてのお客様と返済期日「35日ごと」でご契約されたお客様
(※2)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。