農家がお金を借りるには?農業には使えない?農協でも借りられる?

農業で生計を立てている農家の方が金融機関からお金借りるとき、「自営業」という扱いになります。
残念ながらキャッシングの審査では、サラリーマンの方が自営業よりも有利とされています。

また、農業という職業は、自然災害や天候により収穫量や農作物の出来が左右されるため、年間を通じて安定した収入が得られるという保証はないと言えます。
農作物を収穫する時期である場合には、まとまった収入を得ることができる一方で、収穫の時期にない時には特に収入を得る手段もなく、金融会社の貸付け条件である「安定した収入」ということを考えるならば、厳しい状況にあると言えるでしょう。

自営業であること、農家であることで、銀行のカードローンや消費者金融でのキャッシングの審査では、サラリーマンに比べると不利な条件になると言えるでしょう。

【結論】農家でもカードローンを借りることはできる!

ここまでお金を借りるうえで自営業、特に農家は不利である、というような言い方をしてきましたが、何も全く審査に通らないわけではありません。
事業に使用するお金を調達する、となると話は違ってきますが、通常の生活に使うお金を借りるのはたとえ農家であっても、そこまで難しくはありません
『アコム』や『プロミス』などの消費者金融のカードローンも、キチンと申込み事項を記載すれば八割がた審査には通過するはずです。

安定した収入については、毎月定額の収入があることは重要ですが、職業により様々な収入の形態があることは当然考えられることなので、金融会社では年間収入を見て判断してくれるようです。

数ある消費者金融のカードローンの中でも、当サイトでは『アコム』と『プロミス』をオススメしています。
この2社には無利息期間が設定されており、短期間での借入れであれば元本のみの返済で済んでしまうんです!

是非、お持ちのスマホやPCから気軽に申込んで、無利息でカードローンを利用してみてくださいね!

□すぐカードローンで借りたい方はプロミス・アコムへ!□

アコム

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、初めてお金を借りる方がよく利用するカードローンです。
30日間の無利息期間(※1)もついています。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。
審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。
30日間の無利息期間(※2)もついています。

≫詳細はこちら

(※1)アコムでのご契約がはじめてのお客様と返済期日「35日ごと」でご契約されたお客様
(※2)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

農家の方が事業に用いるお金を借りるには?

生活費のために農家の方がお金借りる場合は、銀行カードローンや消費者金融のキャッシングはオススメとなります。
今すぐに必要なお金の借入れができるので、今日中に支払いをしなくてはいけないという時には、とても心強い金融機関と言えます。
その日のうちに融資を受けたいなら、やはり銀行カードローンや消費者金融のキャッシングがオススメとなります。

一方、農家の方が農業に必要なお金借りる場合、事業資金を借入れできる金融機関は限られてきます。
それならば、農家だからこそ借りられる融資を利用した方が、借入れ方法や金利などにおいて有利になります。

農家が事業資金を調達する方法①:JAバンクの農業近代化資金

農業近代化資金は、意欲と能力を持った農業の担い手の経営改善に向けた融資です。
圧倒的に低金利で返済期間も長く設定されています。

利用対象者
  1. 農家を営む人(認定農業者・認定新規就農者・主業農業者・集落営農組織・農業を営む任意団体など)
  2. 農協・農協連合会
  3. ①・②または地方公共団体が主たる構成員・出資者になっている団体又は基本財産の過半を拠出している法人
資金使途 機械・施設・長期運転資金
金利(参考) 0.3%
認定農業者に対する特例:借入期間に応じて0.20~0.21%
限度額 農業を営む者:個人1,800万円 法人・団体2億円
農協等:15億円(大臣が承認した場合はその承認額)
返済期間 資金使途に応じ、7~20年以内(据置2~7年以内)
利用方法 必要書類を最寄りの農協や銀行に提出

ただし、農家であれば誰でも融資が受けられるという訳ではなく、対象者となるには一定の条件を満たす必要があります。

農業近代化資金の貸付け対象者
  1. 農業による収入が家計の総収入の過半数以上である場合、または農業粗収益が200万円以上ある
  2. 主に、農業経営を行っている青壮年の農業従事者が家族にいる
  3. 経営主が60歳以上である場合、農業に従事している後継者が存在している、または将来において後継者が見込まれる
  4. 帳簿の記帳を行っている、または確実に行うと見込まれる

以上の条件を全て満たすことで、農業近代化資金の貸付けの対象になることができます。
また、融資の対象となるのは主に経営主となっていますが、経営の中で一部だけでも主宰権がある、その部分においては経営においての危機負担や、利益を処分する権利がある場合にも対象者となれます。

借入れした資金の使い道は以下のようになっています。

借入れ資金の使い道
  1. 農舎・畜舎・農産物出荷施設などの農業に関する施設の建築や改良、造成、取得
  2. 農機具の取得や改良
  3. 果樹などの栽培・育成
  4. 家畜の購入・育成
  5. 1,800万円以下の規模であるの農地や牧野の造成・改良

また、借入れの目的として、この他にも農地の給排水施設、特定農家住宅、養殖施設などの改良や造成・取得のための資金もあります。
さらに、農業経営の規模を拡大、生産方式や経営管理を合理化・改善のために長期運転資金を必要とするための利用も可能となっています。

以上が個人の農業者が融資を受けられる条件となっています。

詳しくは住所のある都道府県のHPを参考にし、疑問点があれば農林振興センターなどに電話で問い合わせをしてみると良いでしょう。

また、市町村でも農業資金担当課などで案内を受けることができるほか、県内のJAバンクでも農業制度資金の案内をしています。

そのほか、「日本政策金融公庫」のHPを検索して内容の確認をすることもできます。

参考: 農業|日本政策金融公庫

農家が事業資金を調達する方法②:日本政策金融公庫資金 スーパーL資金 

日本政策金融公庫は日本政府が全額出資している金融機関です。
日本を支える農家、中小企業経営者、個人事業主などが低金利で資金を調達することが可能となっています。

農家の方向けの融資はいくつか種類がありますが、その中の「スーパーL資金」をご紹介します。

概要 農業経営に必要な投資に幅広く利用可能な資金
利用は認定農業者の方に限定
利用対象者 認定農業者:農業経営改善計画を作成して市町村長の認定を受けた個人・法人
個人の場合、簿記記帳を行っていること、または今後簿記記帳を行うことが条件
資金使途 農業経営改善計画の達成に必要な次の資金
「農地等、施設・機械、果樹・家畜等、その他経費、経営の安定化、法人への出資金」
(経営改善資金計画を作成し、市町村を事務局とする特別融資制度推進会議の認定を受けた事業限定)
限度額
  • 個人:3億円(特認6億円)
  • 法人:10億円(特認20億円[一定の場合30億円])
金利(年)
  • 一般:0.20%~0.30%
  • 特例:0%
    (公益財団法人農林水産長期金融協会より、貸付実行日から5年後の応当日の前日まで利子助成を受けた場合)
返済期間 25年以内(うち据置期間10年以内)
担保・保証人 要相談

また、JA公式サイトに農業関係資金一覧として、農業関係で利用できる融資が10種類紹介されています。

JA提供のものだけでなく、日本政策金融公庫の融資も含まれていますので、確認してみてください。

農家が事業資金を調達する方法③:ビジネスローン

アコムやアイフルなどにも、事業性資金としてお金を借りることができるビジネスローンが用意されています。

消費者金融の融資なので金利は高めなのですが、事業に使えるのにその日のうちに融資が可能というかなり大きなメリットがあります。

農業・農家の方の場合はJAバンクと日本政策金融公庫の低金利な農業向けローンが利用可能なのですが、大至急事業性資金が必要なときには消費者金融のビジネスローンでお金を借りることも検討してみてください。

利用対象者 限度額 貸付利率 資金使途 返済期間 必要書類 担保・保証人
アコム ビジネスサポートローン 業歴1年以上の個人事業主 300万円 12.0~18.0% 自由 最長8年7ヶ月
89回
  • 本人確認書類
  • 直近1期分の確定申告書B(第一表) 写し
不要
プロミス 自営者カードローン 20歳以上65歳以下の自営業者 300万円 6.3~17.8% 生計費および自営費 最長6年9ヶ月
80回
  • 本人確認書類
  • 収入証明書
  • 事業実態を疎明する書類
不要

アコム ビジネスサポートローンは、個人事業主の農業・農家の人が事業性資金として利用できるカードローンです。
限度額の範囲内で何度でもお金を借りることができます。
アコムを利用していない人と貸金業者からの借り入れが年収の3分の1以下の方は、ネットから申し込むことができます。

一方、プロミスの自営者カードローンはネット申し込みができないのですが、無人契約機などで契約を済ませばその日のうちに融資を受けることも可能です。

まとめ

『うちは農家だから、お金を借りるのは難しいんじゃない…?』
と思っていた方も、ここまで記事を読んでいただければ、そこまでハードルの高いものではないと感じられたのではないでしょうか?

生活のために自由に使える資金はもちろん、事業拡大のための資金調達のためにも簡単に利用できそうですよね。
特に、事業拡大に関して言えば、『農家であるからこそ』借りやすい一面もあると思いますよ。

生活用の自由なお金も、消費者金融のカードローンを利用すれば、無利息期間などでお得に借りることが出来ます

是非、お持ちのスマホやPCから気軽に申込んで、無利息でカードローンを利用してみてくださいね!

□今すぐカードローンを利用したい方はバナーをチェック!□

アコム

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、初めてお金を借りる方がよく利用するカードローンです。
30日間の無利息期間(※1)もついています。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。
審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。
30日間の無利息期間(※2)もついています。

≫詳細はこちら

(※1)アコムでのご契約がはじめてのお客様と返済期日「35日ごと」でご契約されたお客様
(※2)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。