駅でお金を借りる方法【財布を忘れて電車賃を払えない時の対処法】

駅に到着してから「財布をどこかに落とした」「財布を家に忘れた」ことに気がついたり、「定期券が見つからない」「切符を落としてしまった」けれど、手持ちのお金がないような場合、駅でお金を借りることはできるのでしょうか?

実は、場合によっては駅でお金を借りることは可能です。

まずは駅員に事情を話し、お金を借りられるか相談をする必要があります。

また、お金を借りられる場合、身分証明書の提示が必要になってくるでしょう。

もちろん、借りられるお金は必要な運賃分のみで、すぐにお金を返すことが前提です。

駅でお金を借りられる可能性は、乗車前と乗車後で変わってきます。

また、隣駅までの運賃がある人は「着駅清算」という方法があります。

乗車前と乗車後における駅でのお金の借り方

駅でお金を借りる相談をした場合、乗車前なのか乗車後なのかで事情が違ってきます。

もし乗車前であれば、家に取りに戻るという選択肢もあるので、駅でお金を貸すかどうかは対応した駅員の裁量によって変わってきます。

一方で、乗車後に降車駅で切符をなくしたことに気づいて、切符を再購入するお金が払えないような場合は、やむを得ない状況として、駅でお金を借りられる可能性が高いです。

駅でお金を借りる場合は、身分証明書の提示が求められることになり、場合によってはコピーの提出が必要でしょう。

また、連絡先を伝える必要があります。

中には返済をする気がないのにお金を借りようとする人もいるかもしれないので、鉄道会社としては返済の担保をとっておく必要があるからです。

基本的には、お金を借りるのに正当な理由があり、返済の担保が取れる場合に、駅で必要最低限の運賃を借りることができるということになります。

着駅清算について

駅で電車賃が払えない状況に気づいた場合、「着駅清算」という方法があります。

着駅清算というのは、運賃を後日精算する制度のことで、一駅分の運賃を持っている場合に利用することができます。

着駅清算の流れとしては、まず最寄り駅で、誓約書(支払い猶予願い書)というものを記入し、一駅分の乗車券を購入して乗車します。

そして、目的地の駅で駅員に事情を話し、着駅清算の手続きを行うことで、運賃の差額を後日精算することができるというものです。

鉄道営業法では、乗車券を持っていない人は電車に乗車することができないことになっています。

従って、最低でも一駅分の運賃を持っていなければ、改札内に入ることができないので、着駅清算を利用することはできません。

駅でお金を借りられなかった場合の対処法

駅でお金を借りることができなかった場合には、他にどのような方法が考えられるでしょうか?

目的地まで行くことを諦めなくてはいけないのでしょうか?

もし駅でお金を借りられなかったとしても、他にも目的地まで行く方法はいくつか考えられます。

例えば、タクシーで目的地に向かう、交番に相談をする、知り合いに助けてもらう、金融機関から借り入れる、というような方法です。

ただし、状況によっては利用できない方法もありますので、その時の自分の状況に応じてどの手段をとることができるのか、しっかり考えて行動をしなくてはいけません。

対処法①:タクシーの利用

駅でお金を借りることができなかった場合、電車での移動は諦めて、タクシーを利用する方法が考えられます。

タクシーは、事前に切符を購入する電車と違い、後払いであることが特徴です。

さらに、駅ではなく直接目的地まで行くことができます。

目的地に家族や知り合いがいてお金を借りることができる状況だったり、目的地が自宅の場合等、後払いで支払いできるような状況であれば利用できる方法です。

ただし、目的地に到着しても支払いができる目途がないような場合は、この方法をとることはできません。

対処法②:交番に相談

手持ちのお金がない場合、交番でお金を借りるという方法もあります。

交番には「公衆接遇弁償費」という制度があります。

この制度は、財布を落とした人などが、上限1,000円として、現金を借りることができる制度です。

申請書を記入・押印(もしくは指印)をすると、お金と返済書が渡されます。

もちろんすぐに返済する必要がありますが、悪質にこの制度を利用して、借りたお金を踏み倒す人が多くなっているため、貸付が厳しくなっている傾向があります。

対処法③:知り合いに助けてもらう

電車に乗る前にお金がないことに気が付いた場合、頼れる家族や友達が近くにいる場合には、連絡をしてお金を貸してもらうということも考えられます。

ただし、すぐに駆け付けられる場所に頼れる知人がいる場合にしか取ることのできない方法です。

もし会社関係の人が近くにいる場合は、同じ時間帯に出勤する可能性が高いので、お金を借りやすいでしょう。

朝の忙しい時間帯であれば、連絡するのに気が引けるかもしれませんが、相手との関係性によっては、一番スムーズにお金を借りられる方法かもしれません。

対処法④:金融機関からの借入れ

時間的に少し余裕がある人は、金融機関からの借り入れを行うという選択肢もあります。

具体的には「カードローンを利用する」ということです。

カードローンは、スマホさえあればお金を引き出せますし、1時間程度で融資が可能なものも存在します。

無利息期間を設定しているカードローンもあるので、すぐに返済する場合はカードローンを利用しても無駄な利息を払う必要はありません。

ただし、運転免許証等の身分証明書が必要になるので、財布を持っていない場合には利用が難しいです。

駅でお金を借りる際にやってはいけない行為

駅でお金を借りる場合、気を付けなくてはならないことがあります。

駅でお金を借りるというのはなかなかない状況ですので、焦って取り乱したり、落ち着いた対応ができないこともあるかもしれません。

しかし、お金を借りられるかどうかは、対応する駅員の判断もにも関わってくるため、なるべく冷静に対応し、心証を良くしておく必要があります。

駅員の心証を害すると、お金を借りられないどころか、大きなトラブルに発展してしまう可能性もあります。

お金を貸してもらう立場を理解し、横柄な態度や強引な行動をとることのないように注意をしましょう。

NG行為①:駅員に偉そうな態度でお金を貸すことを要求

駅でお金を借りる場合は、家までお金を取りに帰る時間がなかったり、目的地まで急いで行かなくてはいけないという事情を抱えている場合が多いです。

そのような焦った状況で駅員に相談をして、スムーズに事が進まなかった場合、感情的な口調で駅員に詰め寄ってしまうことも考えられます。

しかし、あくまでお願いをする立場であることを忘れず、丁寧な口調で対応をしなければ、より状況は悪化していく可能性が高いです。

駅員に偉そうな態度でお金を貸すことを要求することのないようにしましょう。

NG行為②:財布を忘れた状態で電車に乗る

電車に乗る直前に財布を忘れたことに気が付いたのにも関わらず、強引に電車に乗ることは危険です。

特に時間がない場合には、とりあえず乗ってしまおう、後からどうにかなるだろうという気持ちで、乗車券を購入しないまま電車に乗ってしまう人もいるようです。

しかし、鉄道営業法において、乗車券がない場合は乗車が禁止されています。

悪質だと判断されてしまうこともあり、安易な気持ちが大きなトラブルに発展する可能性もあります。

まずは駅員に相談をすることが先決です。

NG行為③:駅や交番で借りられるだろうと高を括る

「駅でお金を借りることができる」「交番でお金を借りることができる」という前提で行動してしまうと、思わぬ結果に至ってしまう可能性があります。

駅においても交番においても、やむを得ない状況であると判断された場合にのみお金を借りることができるのであって、誰にでもお金を貸しているわけではありません。

状況は人それぞれです。

また、高を括ってお金を借りようとする態度が、トラブルを招く可能性もありますので、必ず貸してもらえる保証はないことを心に留めておく必要があります。

NG行為④:誓約書を書かずに借りようとする

駅でお金を借りる場合、誓約書の記入が求められます。

お金を借りるのですから当然の行為ですが、普段、誓約書なんて書く機会がない人は、「誓約書」と聞くとなんとなく気が引けてしまうこともあるでしょう。

また、時間がなくて急いでいたり、たかが数百円なのに誓約書を書く必要があるのかと不満を訴える人も中にはいるようです。

しかし、鉄道会社にとっても返済の担保は必要ですから、誓約書の記入を求められたらきちんと応じる必要があります。

NG行為⑤:借りることなく、改札を突破しようとする

駅でお金を借りられなかったような場合に、強引に改札を抜けてしまう人も中にはいるようです。

冷静な判断を欠いて咄嗟に改札を抜けてしまう人もいれば、このまま逃げてしまえば事が済むだろうと悪質な考え方をして改札を通り抜けてしまう人もいるかもしれません。

また、改札を抜けてからお金を準備しようと思って、とりあえず改札を通り抜けてしまう場合もあるようです。

しかし、理由がどうであれ、お金を払わずに改札を抜けてしまうのは犯罪行為にあたってしまうので、絶対にしてはいけません。

駅でお金を借りることになりかねないトラブル

子どもから老人まで、様々な人が利用する駅では、日々多くのトラブルが発生しています。

特にお金に関するトラブルは多いようです。

忘れもの、失くしもののトラブルは誰にでも起こる可能性のあるトラブルです。

また、交通系ICカードの利用が一般的になっていたり、普段の買い物においてもクレジットカードや電子マネーでの決済が主流になっている現在では、カードを忘れたり失くしたりした場合に、まったく現金を持ち合わせていないという状況が多くなっています。

そのような場合、やむを得ず、駅でお金を借りるしかない状況に陥ってしまうことになります。

トラブル①:新幹線の切符を家に忘れ、手持ちのお金も0

遠くまでの出張や旅行で新幹線を利用する場合、新幹線の乗車券は事前に購入し、発行している場合が多いです。

そのため、いざ新幹線に乗ろうとしたときに、乗車券を家に忘れてきたことに気が付き、さらに再度購入するお金を持ち合わせていないというトラブルが多く発生しています。

新幹線の乗車券を忘れた場合の基本的な対処方法としては、紛失再発行用として、同じ区間の乗車券を再度購入します。

後日、家に忘れた乗車券を持っていくと払い戻しを受けることができます。

しかし、そもそも再度購入するだけのお金を持ち合わせていない場合は、この方法をとることはできません。

トラブル②:定期券を忘れ、手持ちのお金も0

通学や通勤で毎日駅を利用している人は、定期券を使用している人が多いです。

カバンに入れていたはずの定期券が見つからない、違うカバンで通勤したら定期券を忘れてしまった、昨日着ていたコートのポケットに定期券を入れっぱなしにしていた、なんていうこともたまにあるかもしれません。

普段定期券を使っている人は、駅でお金を支払う必要がないため、お金を全く持っていない場合もあります。

一駅分の運賃も持ち合わせていないような場合は着駅清算を利用することもできません。

駅でお金を借りるか、それが難しい場合には他の方法を考えるしかありません。

トラブル③:財布を忘れてしまい、帰れなくなった

出先から家に帰ろうとしたときに、財布を忘れたことに気が付き、家に帰れなくなってしまうこともあるかもしれません。

財布を忘れた場所が分かっていたり、時間に余裕があるときには、財布を取りに戻るのが一番良い方法でしょう。

しかし、何らかの事情で財布を取りに戻ることができないような場合、駅でお金を借りることができなければ、タクシーを利用して家に帰り、家にあるお金で支払いをするという選択肢をとるのが良いかもしれません。

まとめ

駅で目的地までの運賃が払えいないことに気が付いた場合、その状況によって対応方法は異なります。

まだ電車に乗る前であれば、駅でお金を借りられる可能性は低くなるので、タクシーの利用や警察への相談、時間がある場合はカードローンの利用を考えましょう。

既に電車に乗ってしまった後であれば、駅員に相談して駅でお金を借りたり、着駅清算を利用する等して対応をしてもらう必要があります。

いずれにしても、冷静な判断と対応を心がけ、大きなトラブルに発展しないようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。