【10万円を即日借りたい!】即日融資でお金借りる方法を完全網羅

現在、即日融資を受けられる消費者金融は即日融資のみです。

以前は銀行カードローンでも即日融資に対応していました。しかし昨今、銀行は国からの監視が厳しくなったために即日融資ができなくなりました。

10秒で10万円借りたい人は「瞬フリ」を利用する

「瞬フリ」とは、大手消費者金融のプロミスが提供する、業界最速の融資サービスです。

次の条件を満たしている方であれば、24時間いつでも最短10秒でプロミスから融資を受けられます。(年末年始は除く)

  • プロミスとの契約が完了している
  • 「三井住友銀行」か「ジャパンネット銀行」の銀行口座を持っている

瞬フリを利用する上で、注意したいのが「三井住友銀行」か「ジャパンネット銀行」の銀行口座を持っていなければならない点です。「三井住友銀行」か「ジャパンネット銀行」以外の銀行口座でも、瞬フリを使うことはできますが、「24時間いつでも最短10秒振込」を利用することはできません。

【「三井住友銀行」「ジャパンネット銀行」以外で瞬フリを利用した際の融資時間一覧】

曜日 受付時間と振込実施時間
平日 0:00~9:00→当日9:30ごろ
9:00~14:50→受付完了から10秒程度
14:50~24:00→翌営業日9:30ごろ
14:50~24:00→翌営業日9:30ごろ
土・日・祝日 0:00~24:00→翌営業日9:30ごろ

※毎週月曜日の0:00~7:00はサービス停止期間です。

その他の銀行で瞬フリの10秒融資を利用した場合は、平日9:00~14:50時の間に受付を完了させなければなりません。平日9:00~14:50時以外の時間帯に申し込んだ場合は、融資が翌日営業日になる可能性があるので注意しましょう。

消費者金融一択というこで、少々がっかりしてしまいますが、消費者金融はいくつもメリットがあります。

  • 家族や職場にバレずに借りれる
  • 即日お金を借りれる
  • 無利息で借りれる

家族や職場にバレずに借りれる

家族・職場バレしないように配慮されているので、内緒でお金を借りることができます。

例えば、在籍確認のために行われる職場への電話の代わりに、社員証や給与明細書の提出でOKにしてくれたり、自宅への郵送物をなしにできるサービスなど、利用者のプライバシーを最優先する対応をしてくれます。

即日・無利息での借入れも可能!

無利息サービスとは、一定期間のうちに返済すればその間の利息が発生しないという多くの大手消費者金融が行っている独自のサービスです。

ただし、このサービスは初回利用者限定であり、無利息期間が経過すれば利息が発生するということも知っておきましょう。

消費者金融で即日10万円借りる方法

インターネットで申し込み

今すぐに10万円を借りたいのであれば、申込みはスマホやパソコンからネット申込みしましょう。電話や自動契約機でも申込みは可能ですが、審査は申込された順に行われますので、少しでも早いタイミングで申込みするのが即日融資を叶えるポイントなのです。

自動契約機でカードを受け取るという場合でも、事前にネットで申込みを済ませておけば審査が完了するまでの間、自動契約機の中で待機する必要もなく、時間の節約にもなります。

申し込みから融資までの流れ

申込みから実際に融資を受けるまでの流れを確認しておきましょう。
ネットから申込みして、自動契約機でカードを受け取り、ATMでキャッシングをする方法が最短融資の王道ですが、14時までに申し込みが完了すれば、振込融資も可能です。

本人確認書類を用意する

申し込みの際に必要な書類は、希望借入金額が10万円であれば、本人確認書類のみでOKです。使用できる本人確認書類は、次の通りです。

  • 運転免許証
  • パスポート
  • 個人番号カード(マイナンバーカード)
  • 健康保険証+住民票

借入希望額が10万円であれば基本的に必要書類は本人確認書類のみですが、審査の状況によっては収入証明書類の提出を求められる場合もありますので、念のため手元に用意しておくと安心です。収入証明書類として利用できる書類は、下記の通りです。

  • 給与証明書(1~2か月分。賞与がある場合は賞与証明書も必要です)
  • 源泉徴収票
  • 確定申告書
  • 住民税決定通知書

1~2社に絞って申込む

とにかく急いでお金を借りたいと焦っていると、つい一度に何社にも申し込みをしたくなりますが、一度に申込みするカードローン会社は、1~2社に絞りましょう。なぜなら、一度に複数社へ申込みすると、「相当お金に困っているようだ」とみなされて審査に落ちやすくなってしまうのです。

ちなみに、他社への申込み状況は、信用情報機関にすべて登録されていますので、カードローン会社が問い合わせすればすぐにわかるようになっています。

10万円借りた場合の返済シミュレーション

カードローンでお金を借りたら、当然ですが返済の計画も考えておく必要があります。

利息は、借入残高×利用利率÷365日×利用日数で計算できるので、仮に、10万円を利率18%(年)で借入れした場合に発生する利息は、

10万円×18%÷365日×30日=1,479円

となります。

もし、初回の返済が3,000円だとすると実質の返済額は、

3,000円-1,479円=1,521円

ということになります。

カードローン会社や借入金額によって毎月の最低返済額は異なりますが、毎月一定金額を返済するリボルビング払いだとなかなか元本が減らず、多くの利息分を払い続けることになってしまいます。ですので、ボーナスが出た時など余裕がある時に繰り上げ返済をするなど、計画的に返済していきましょう。

こんな状況でも借りることはできますか?

良くある状況別に、消費者金融利用の可否をまとめました。

ブラックの場合

いわゆる「ブラック」とは、過去に長期に渡る延滞や債務整理などの金融事故を起こしていて、信用情報機関にその記録がされている状態を言います。ブラックになってしまうと、5年~10年経過しなければ新たな借入れをすることはできません。逆に、一度ブラックになっても5年~10年経てばその記録が消えますので、新たに借入れすることが可能です。

無職の場合

無職である場合は、当然収入を証明する書類が出せませんので、消費者金融を利用することはできません。無職の方は、下記でご紹介するような他の方法を検討しましょう。

専業主婦の場合

収入がない専業主婦の方の場合も、消費者金融のカードローンを利用することはできません。ただし、主婦の場合でもパートなどで毎月一定の収入があれば、審査に通る可能性はあります。

消費者金融に頼らずに10万円を工面する方法は?

消費者金融でのキャッシングができない場合は、次の方法を検討してみましょう。

親や友達に借りる

親や友達、同僚などから借りるのが、一番シンプルで安心な方法なのではないでしょうか?身内や友達なら基本的に利息も発生しませんし、メリットの大きい借り方だと言えます。
ただし、例え親や仲の良い友人とは言っても、きちんと返済しなければ後々トラブルに発展し、関係が壊れてしまうデメリットもあります。

クレジットカードのキャッシング枠を利用する

ほとんどのクレジットカードにはショッピング枠とは別にキャッシング枠が設けられていますので、それを利用して10万円を工面することも可能です。
ただし、ショッピングでクレジットカードをたくさん利用している場合には、キャッシング枠が残っていない場合もありますので、確認する必要があります。

質屋・リサイクルショップを利用する

家にあるものを質屋やリサイクルショップに持って行って、現金化するのも、一つの手段です。質屋であれば、売却しなくてもブランド品や宝石類などを担保として預けるだけで、その価格分を借入れするシステムがあります。

しかし、もし返済できなければ預けたものは質流れとなり、手元に戻すことはできませんので、注意しましょう。

生命保険の契約者貸付を利用する

生命保険に入っている場合は、生命保険の契約者貸付を利用してお金を借りることができます。保険の種類や、加入期間によって借入れできる金額は異なりますが、10万円程度なら借りることができる可能性があります。

ただし、生命保険の契約者貸付にも利息が発生しますので、きちんと返済計画を立てなければいけません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。