LINEでお金を借りる方法「LINEポケットマネー」とは?

私たちの日常生活にもはや欠かせないものとなった「LINE」。

実はそのLINEを使ってお金を借りることができるって知っていましたか?

この記事では、LINEを使ってお金を借りる方法「LINEポケットマネー」についてご紹介していきます。

LINEポケットマネーとは

LINEポケットマネーは、無料メッセージングアプリを展開するLINE社が新しく始めた融資サービスです。

この融資サービスは、みずほ銀行とオリエントコーポレーションが共同出資した会社によって運営されており、みずほ銀行の審査システムをベースにして審査が行われるというものです。

また、AIを使って審査を行いますので一層正確に属性を測る事ができ、利用者のニーズに応えられる体制作りが図られています。

LINEユーザーには特に便利なサービスに仕上がっています。

LINEポケットマネーの審査は厳しい

みずほ銀行の審査システムが使う

LINEポケットマネーの審査には、みずほ銀行の審査システムが採用されていますので誰でも審査が通るというわけではありません。

ポイントとしては、満20歳から満66歳の利用年齢、安定した収入を得ている事、保証会社の保証を受けられる事という条件をクリアしている事が審査通過には必要になってきます。

年齢制限と保証会社の保証が認められれば、多くの場合、通過出来る可能性は高まります。

しかし、年齢条件を満たしていなかったり、保証会社の保証が受けられない場合には、審査を通過するのはかなり難しくなってきます。

近年では、銀行は保証会社の保証を受けられる人を中心に審査を行っているからです。

審査にはAIが使われる

LINEポケットマネーの審査が厳しくなっている理由は、銀行の審査システムを採用し、更により正確なスコアリングを行う為にAIが導入されている為です。

銀行とAIの審査によって、貸し手が収入面で信用出来る人に融資する事が出来ますので、新しい融資サービスであるLINEポケットマネーを利用する際には申込者の属性が良いものであるほど審査を通過し易くなりますので、属性が良い人にとってはLINEポケットマネーは正しく審査が行われて審査を通過しないという可能性は下がります。

属性があまり良くない人は、スコアリングが厳しく判定されますので、結果的に審査通過が難しくなります。

LINEスコアって?

LINEスコアは、LINEポケットマネーの審査を円滑に進める為に用意された独自の指標です。

通常の融資サービスの審査では、収入や年齢や職業などでスコアを付けていきますが、LINEスコアはLINEの利用履歴もスコア化する対象になっていますので、LINEユーザーでお金を借りたいという人にとってはLINEポケットマネーはとても良い選択肢になってくるでしょう。

LINEスコアを高めるには、普段からLINEを使うようにしておくのも効果的です。

収入や職業・年齢などでスコアリングした場合と比べて、LINEユーザーは有利になる可能性を秘めています。

LINEポケットマネーの審査の流れは?

LINEポケットマネーを利用しようと考えた場合、審査の流れがどのようになっているのかが気になるところでしょう。

LINEポケットマネーはアプリから申込みをする事ができ、審査に必要な個人情報を入力していきます。

送信されたデータをみずほ銀行とオリエントコーポレーションで審査をしていき、この審査を通過すれば、LINEの利用履歴のスコア化してLINEスコアによる審査を行います。

全ての審査を通過した段階で正式に契約を行う事が出来るようになります。

LINEポケットマネーの審査は、みずほ銀行とオリエントコーポレーションで申込書に基づいて信用審査を実施します。

年齢条件をクリアしているかどうか、安定した収入を得ていて返済を行うのに能力的に問題が無いのか、過去に他社を含めて複数の融資を受けている場合の返済状況など多岐にわたって審査が行われる事になりますので、申込みを考えている場合には信用情報に問題が無いのかを予めチェックしてから申込みをしておいた方が安心であると言えます。

LINEポケットマネーは、カードローンやキャッシングなどと同じような使い方を行えます。

LINE上での個人間融資は?

LINE上で個人間融資というものがあります。

このサービスは銀行や消費者金融会社などのように国の許可を得て貸金業などを行っているわけではありませんので、トラブルに発展する可能性はとても高いです。

貸金業法に違反している可能性もありますので、個人間融資を利用するのは避けた方が賢明でしょう。

違法に貸金業が行われている可能性が否定出来ない以上は金融機関のサービスを使うようにします。

個人融資には上限金利がある?

個人融資には上限金利が設定されていない可能性が高いですので、上限金利があるとは言えません。

この事も融資を受ける側にとっては大きなリスクになりますので、上限金利が法的に設定されている融資サービスを展開している銀行や消費者金融会社と契約した方が安全に融資サービスを使えるようになります。

上限金利を気にする場合には、キャッシングやカードローンなどの従来のサービスを活用すると良いでしょう。

個人融資でのトラブル

法外の請求を受ける

個人融資でのトラブルが発生した場合には法外な請求を受ける事がありますが法的には無効ですので、何らかのトラブルに巻き込まれた場合、まず、無料の法律相談サービスを利用して弁護士などに相談してみると良いでしょう。

法外な請求を受けるという事は、かなり高い金利が設定されているという事ですので、法律では高額な金利の設定を認めておらず、場合によっては刑事事件として取り扱われる事もあります。

暴力団関連の条例や法律にも繋がっていますので、法外な請求を受けたら弁護士に相談するのが良いでしょう。

個人情報のみ取られる

個人融資でのトラブルで多いのが、個人情報だけを取られてしまうという事です。

個人情報を取られてしまいますと、様々な事件に巻き込まれる可能性が高くなってきますし、様々な金融業者に名簿に乗せられてしまい、それらの金融業者が営業電話をかけてくる可能性がありますので、個人情報を取られないようにするには個人融資を受けないという事が大切になってきます。

多くの人々が利用するLINEはそれだけトラブルが増えてくる事になります。

まとめ

LINEポケットマネーは、新しいLINEの融資サービスですので安心して利用する事が出来ます。

AIによるスコアリングで適切に属性に合った融資を行ってくれますので、多くの人々が適切な審査を受けられるのが利点です。

個人間融資は貸金業法に違反していますので、トラブルの元になりがちです。

このようなトラブルを回避して融資を受けたいなら、LINEポケットマネーを利用した方が遥かに安全にお金を借りる事が出来るでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。