お金借りるならりそな銀行カードローン【審査の流れを完全網羅】

りそな銀行には“りそなフリーローン“というものがあり、お金を借りる理由はどんな理由でも構いません。

ですが、「5万円必要だから借りたい」「お小遣いが2万円足りないからとりあえずで貸してほしい」といった10万円以下の金額は貸してもらうことができません。

お借入れ可能額は10万円~800万円で、ご返済期間は1年~10年となっています。
では、もっと詳しいりそな銀行でのお金を借りる方法についてご紹介します。

りそな銀行とは?

りそな銀行は全国の様々な場所にありますが、お金を借りられる場所はりそな銀行の営業エリア内にお住まいもしくはお勤めの方のみになります。

また、りそな銀行の営業エリア内というだけではなく、お申し込み時の年齢が20歳以上で満66歳未満の方で最終ご返済時の年齢が満71歳未満の方、返済が見込める安定した収入がある方というのがお金を借りることができる条件になっています。

ちなみに、20歳を超えてアルバイトをしている学生や返済が見込みずらい専業主婦(主夫)の方はお金を借りることができません。

年齢の条件に満たし、正社員やパート、アルバイトに関係なくお勤めをしていて継続して安定した収入がある方であれば10万円から借りられます。

りそな銀行有人店舗は326店舗、店舗外ATMは561ヵ所に設置されているので返済も非常にしやすいです。

りそな銀行でお金を借りるための申込方法

①スマホ・パソコンでの借り方

  • 来店不要で24時間WEBから申し込みが可能
  • 無担保で無保証人
  • ご契約の限度額が50万円未満の場合の必要書類は本人確認資料のみ
  • 口座がなくてもお申し込みが可能

スマホやパソコンでの借り方はとてもシンプルなもので、りそな銀行の公式ホームページのリンクからお申し込みをすることができます。

お申し込みをしてお金を借りたい時は画面に表示されている“今すぐお申し込み“という所をクリックし、必要事項を記入したら仮審査と本審査を待ち、問題がなければ契約手続きをすることができます。

50万円以上のお金を借りたい場合はご本人様確認資料と収入証明書(住民税決定通知など)の書類が必要になります。
全ての手続きが終了するとお金を借りられるようになります。

②インターネットバンキングでの借り方

  • 4つの質問に答えてお申し込み作業
  • 借り入れごとのご返済が可能

りそな銀行のWEBコミュニケーションサービスの“マイゲート“からお金を借りることができます。
ちなみに、インターネットバンキングを利用した金融犯罪があるので、りそな銀行は細心の注意を払いインターネットバンキングのセキュリティーが充実しています。

借り方はとても簡単なので、過度にセキュリティーが気になる方はインターネットバンキングがオススメです。

りそな銀行が選ばれる理由とは?メリット・デメリットについて

りそな銀行が選ばれる理由は限度額が最大800万円ということと、金利年が3.5~12.475%と好条件なことです。

メリットとしてはやはり最大800万円の借り入れができるということと金利年が好条件なこと、りそな住宅ローンを利用していれば金利優遇があることです。

返済に無理のない金額での借り方であればこうしたメリットから返済に苦しむこともありません。
反対にデメリットは普通預金口座の開設をしなければならないということです。

お申し込みや借り入れは実際に店舗に行かなくてもネットから簡単にできますが、普通預金口座の開設は実際に店舗に足を運ばないと作ることができないので少し手間がかかります。

りそな銀行は土日祝日でもお金借りれる?

りそな銀行に足を運び、直接お金を借りる場合は平日は9時~17時まで窓口が営業しています。
ちなみに所沢東口支店は9時~20時までの営業、越谷レイクタウン出張所と騎西支店は9時~12時、13時~17時までの窓口営業となっているので営業時間には注意が必要です。
ですが、その日にお金の借り入れの申し込みをしてもその日中に現金が受け取れるわけではありません。

借り入れは翌営業日のお取り扱いとなります。
金曜日に窓口にてお申し込みをされた場合は翌営業日、月曜日に借り入れのお取り扱いという形になります。
土日祝日は基本的にどの店舗も窓口がお休みのため借り入れはできません。

もちろん一部店舗では平日と変わらずに窓口を営業している店舗が全国に56件ほどあるのですが、その56件の半数以上が土曜日のみの営業で日曜日と祝日に窓口を営業している店舗はほとんどありません。
ちなみにネットからの場合、土日祝日の借り入れの申し込みは行っているのですが、お取り扱いは店舗の窓口営業と同じ平日の営業日のみとなっています。

りそな銀行の審査に落ちないためのポイント

りそな銀行の審査に落ちないためのポイントとしては返済が見込める安定した収入があること、他社からの借り入れがあってもしっかり返済が行えていること、借り入れ条件が満たされていること(年齢や仕事状況等)に問題がなければ基本的にりそな銀行の審査に落ちることはありません。

ですが、過払いの支払いの延滞や滞納がある場合や過去に督促があった場合、勤続年数が短い場合などはりそな銀行の審査に落ちやすいポイントになります。

アルバイトやパート、派遣社員といった雇用形態で勤務されている場合、正社員よりも審査が少し通りずらい場合がありますが、過去に延滞や滞納、督促等がなく勤続年数が長ければこうした壁も問題なくクリアすることができます。

りそな銀行のお金の返し方

①さまざまな返済方法がある

  • Web
  • ATM
  • 口座振替(自動引落)
  • 銀行振込み

での返済方法があります。

基本的にどんな借り入れ方法であっても自動引き落としでの返済になります。
カードローンの返済に利用できるATMもありますが、コンビニATMからの返済の場合はセブン銀行とローソンATM、E-netのみでのお取り扱いになっています。

②返済日は35日サイクル制、返済日が選択できる

りそな銀行の返済日は基本的に月に1度の返済になります。
給料日やボーナス日等に応じて月に1度の返済日を決めることができます。

③返済金額に関すること

返済金額はお借入残高によて異なります。
例えば50万円~100万円以下の場合は毎月の返済金額が2万円、100万円~200万円以下の場合は毎月の返済額が3万円になります。
お借入れ残高が100万円ごとに1万円ずつ増えていきます。
50万円以下であれば毎月の返済金額が1万円となります。

④全額返済、繰り上げ返済

りそな銀行では全額返済、繰り上げ返済をすることができます。
これらの手続きは“店頭“もしくは“パソコンテレビ電話“から行うことができます。

パソコンテレビ電話というのはりそな銀行の店頭備付の専用テレビ電話ブースにて専門のオペレーターがお手続きのご案内をしてくれます。
営業時間は平日の9時~17時までとなっています。

⑤注意事項

返済時は返済金額だけではなく“手数料“がかかってきます。
借り入れの際収支印紙代として200円が必要であったり、お手続き時に5000円以上かかります。

借り入れと返済額とは別に手数料等がかかってくるので借り入れ時は借りるお金のことだけを考えるのではなく、手続きや返済時にどの位のお金が必要になるなのかを知っておく必要があります。

こうしたお金を知らずに借り入れをしてしまうと計画していた返済額とは異なり返済に苦しむことになります。

りそな銀行でお金を実際に借りた人の口コミ体験談!

・審査の早さは普通でした。
登録した時のことはあまり覚えていませんが、契約までに数日かかった気がします。
借り入れ金利が12%程で他と比べて圧倒的に安かったのでりそな銀行で借り入れをすることに決め、50万円を振り込みで受け取りました。
返済はコンビニのATMから行いました。
自宅から近いコンビニのATMで返済ができたので即時返金ができて楽でした。

・200万円の枠で何度も借りることができるローンを利用しています。
私は申し込みもお金の受け取りも全てネットで完結したのでサービスの質はイマイチよく分かりませんが、借り入れはとても簡単でした。
申し込みをした時間は昼の3時です。
借り入れしたお金は口座に振り込まれ、返済時は借入金額に応じて一定金額が私の口座から引き落としでした。
今でも借り入れをしている状態なので完済には少し苦しんでいます。

・中古物件購入のためにローンを組めるかどうかが知りたく、夜の10時ごろインターネットからりそな銀行に申し込みをしました。
翌日にりそな銀行から電話があり、契約できるとのことで後日ローンセンターにて400万円の借り入れをしました。
窓口の対応は非常に良く、受け取りは口座振り込みとなり、中古物件を購入した私はその数時間後に口座から借り入れ額の全てが引き落としという形でした。
返済は給料日にしていて、毎月給料日に一定の金額が引き落とされています。
毎月決まった日に一定の金額が引き落とされるので返済はしやすいです。

まとめ

りそな銀行での借り入れはそれほどデメリットはなく、大手の銀行ということもあり借り入れの際にとても人気のある銀行です。

様々なメリットがあるりそな銀行での借り入れですが、そのメリットをきちんと理解していないと返済に苦労します。
審査が通ったからと気が大きくなり、多額な金額を借りるのではなく毎月遅れずに返済できる金額を借り入れるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。