ビジネスローンの審査基準とは?即日融資は無理?金利が高いと甘い?

1. ビジネスローンについて
ビジネスローンとは、個人事業主や法人企業のための金融機関であり、事業資金を貸し出してくれます。通常企業が事業資金を必要とするときに頼る方法を2つに大別すると、銀行やノンバンクの融資に頼るか、国などの補助金や助成金に頼るかのどちらかです。ビジネスローンは、銀行やノンバンクの融資の一つの形態で、主にノンバンクの提供する融資の総称として用いられることが多いといえます。ビジネスローンは融資までのスピードが速いのが特徴で、困ったときにはとっても助かる存在です。

2. ビジネスローンの審査基準①:決算数値
多くのビジネスローンが審査の際に最重要視すると言われているのが、決算数値です。決算数値とは、決算書で報告されているその企業の体質を示した数値です。例えば、経常利益や売上高をを基にした売上高経常利益率を見れば、その企業がどれほどの収益を得られるかを知ることができます。単に黒字なのか赤字なのかだけではない点を審査ではみられるのです。また、自己資本比率や当座資産などを通じて、その企業の安定性や安全性も確認されます。それに加えて、どれほどの支払い能力があるのかという点も決算書類を通じて推し量られます。これらを通して、審査の可否に加えて、どれほどの金額までなら貸付が可能かどうかを判断する材料とするのです。ですからビジネスローンに申し込む前に、決算書類はしっかりと準備しておく必要があります。

3. ビジネスローンの審査基準②:事業歴
事業歴が重要となるのは、先ほどの項目で述べた決算書類が1年以上の事業歴がなければ発行されないからです。そして多くのノンバンク系の大手ビジネスローンでは、事業歴が少なくとも2年以上なければ(決算書2年分)、申し込むことができないことになっています。2年以上の決算書類を見ることで、業績やその会社の傾向をつぶさに知ることができるからです。もちろん事業歴が1年しかないとしても申し込めるビジネスローンも多くありますが、2年以上の事業歴を有しているということは、少なくとも会社立ち上げ時の混乱を乗り越えてきたという信用にもつながるため、2年以上の事業歴を有している方が審査の際には有利に働くと考えることができます。事業歴が浅い法人企業の場合は、借り入れ希望額を少なめに申請するなどの方法で審査通過を狙うこともできるでしょう。

4. ビジネスローンの審査基準③:経営者個人の信用情報
多くの場合審査の対象となるのは、その会社の事業歴や現在の業績です。しかし忘れてはならない点として、経営者個人の信用情報も加味されるという点です。なぜこの点が重要なのかというと、多くのビジネスローンは中小企業を対象とした融資を行っており、契約条件の一つとして、「経営者個人の連帯保証」が求められるケースが多いからです。なぜ経営者個人の連帯保証が求められるのかというと、中小企業の倒産リスクの高さを考えると、貸し手(ビジネスローン)も安全策として、連帯保証を求めざるを得ないのです。経営者当人がローンやクレジットカードの利用に関して問題がなかったのかという点について、信用情報機関を通じた情報が審査の対象となります。もし会社としての体質に問題がないとしても、経営者個人が多重債務に悩んでいたり、返済遅れなどで信用情報に傷がついていると、融資が難しくなるケースもあります。

5. ビジネスローンの審査基準④:税金の納付状況
税金の納付状況は、会社の状況を表す一つの指標となります。税金を支払うことは法人企業の義務ともいえるものです。それを行えないほど難しい状況にあるとすれば、会社の経営はかなり行き詰った状況にあると判断されるのです。実際多くの企業では、たとえ難しい経営環境にあるとしても税金の支払いを遅らせることはしないものです。なぜなら税金の支払いは、国にとっても重要事項ですので、必要な税金の取り立ては金融機関の取り立てよりも優先して行われることが多いからです。ですから、税の支払いを遅らせなけれならない状況というのは、資金状態としては最終状況にある事を意味しているのです。そうであれば、たとえ貸し付けを行ったとしても、返済が滞る可能性が高くなりますので、契約を踏みとどまるビジネスローンが大半です。

6. ビジネスローンの審査基準⑤:書類のミス・提出までの期間
審査の際に気を付けたいのが、提出書類の記載事項が正確であるかどうかという点です。この点は、これまでに考えてきたポイントに比べると、小さなポイントとなりますがスムーズな融資を受けたいと考えるならば、非常に重要な要素となる点です。そして単なるミスであれば訂正すれば済む話ではありますが、ミスした内容によっては虚偽の記載を行ったと取られる可能性もある事を覚えておかなければなりません。特に営業利益や収支に関する報告など、審査に関わる重要項目は必ずチェックをして間違えがないようにしなければなりません。また書類の提出などが遅れると、こうした点も審査の際にはマイナスポイントとして働く可能性がありますので、申し込む前に提出書類を確認して準備しておくことが、スムーズな融資を受けるためには大切となります。

7. ビジネスローンの審査基準⑥:会社概要・免許・業種
この点が重要になってくるのは、スコアリングシステムでの審査を採用しているビジネスローンに申し込む時です。すく亜リングシステムというのは、過去のデータを基にした審査基準といえます。つまり過去にどんな条件で貸し出した時に、貸し倒れになったのかというデータを基準として、同じような企業の審査は厳しく判断するのです。例えば貸し倒れとなりやすい業種として、新規参入社が多く入れ替わりが激しい、インターネット事業や飲食店などは、スコアリングシステムによる審査では厳しく判断される傾向が高いと言われています。もちろんスコアリングシステムによる審査においても、業績や成長見込みなどは加味されますので、必ずしもインターネット事業者や飲食店への融資を行っていないわけではありません。

8. ビジネスローンの審査基準⑦:経営者の印象
経営者の印象が問題となるのは、面談審査が必須となっているビジネスローンを利用するときです。多くの場合、面談審査を行っているのは、中小ビジネスローンです。こうしたビジネスローンは、中小企業や個人事業主を主な貸出対象としています。そして中小企業や個人事業主の業績は、経営者の手腕に依存する部分が大きいのです。そのため中小ビジネスローンにおける審査では、経営者の人となりも重視されるのです。決算書や営業計画に基づいたヒアリングが行われますが、その際の答弁や姿勢、話し方や時間を守るかどうかなどの点も、審査の対象となっていると考えてください。最終的には、経営者の印象次第で融資額が大きく変わってくる可能性がある事も忘れずにいてください。

9. ビジネスローンの審査基準に用いられる『スコアリングシステム』について
先ほども少し考えた、スコアリングシステムについてもう少し掘り下げて考えてみましょう。スコアリングシステムは別の言い方として、「自動審査」と呼ばれることもあります。コンピューターが決算書類などのデータを基に自動で審査を行うからです。スコアリングシステムには、過去の融資記録や融資先に関する膨大なデータが蓄積されています。例えば、自己資本比率が何%以下の会社に貸し出すと、貸し倒れ率が高くなるのかといった点が含まれています。そうしたデータを基に、ビジネスローン側にとってリスクを減らした貸し方ができるように審査するのがスコアリングシステムなのです。当然ながら各ビジネスローンで蓄積したデータは異なりますので、スコアリングシステムによる審査結果や審査基準は各社で異なります。

10. 審査の甘いビジネスローンの見極め方①:上限金利が高い
金利は、貸し倒れ率を基にした算出された数値とも言えますので、高い金利で貸し出しているビジネスローンは、貸し倒れ率に対する許容率が高い事を示しています。言い換えれば、比較的リスクの高い企業に対しても貸付を行ってくれるわけです。それに対して貸付金利が低いビジネスローンは、安定した返済が期待できる企業に対する貸し付けを行っていると考えることができます。借りる側としては、少しでも低金利での利用をしたいと思いますので、できるだけ低金利での貸し付けを行っているビジネスローンをまず探しますが、すぐにでも融資を希望しているなら、審査通過を第一条件として多少金利の高い場所に最初から申し込む方が、当座の危機を脱出できる可能性が高くなるといえます。

11. 審査の甘いビジネスローンの見極め方②:中小規模のノンバンク系
審査通過ということを第一に考えるなら、中小ビジネスローンにターゲットを絞って考えることをおすすめします。金利で考えるなら、大手銀行や信用金庫などがまず名前が上がるはずです。しかしそうした金融機関では、貸付の際に担保の提出が求められるものです。また財政状況や会社規模に関する一定の基準が存在するものです。ですから、価値ある担保物件がなかったり、中小企業など事業規模が比較的小さいと、融資を得るのは非常に難しくなるのです。中小ビジネスローンでは、個人事業主や中小企業を対象とした融資を行っていますので、審査通過の可能性はメガバンクと比較すると高くなると言えるでしょう。

12. 審査の甘いビジネスローンの見極め方③:企業向けの融資サービス専門
法人企業や個人事業主を対象としてローンも、大きく分けると2つ存在しています。一つはCMなどでよく目にする個人ローンを扱った消費者金融です。もう一つが、企業や個人事業主を専門対象にしたノンバンクの金融機関です。なぜ企業や個人事業主を専門対象とした金融機関を選ぶべきなのかというと、個人ローンを対象とした消費者金融以上にデータを多く有しており、融資の可能性をしっかりと見極めてくれるからです。個人を対象にした消費者金融では、主なターゲットは個人ですので、法人企業に対する融資ではリスクをあまり許容しないと言われています。当然ながら審査も厳しくなる傾向が高まるのです。

13. 審査の甘いビジネスローンの見極め方④:キャンペーンを展開している
キャンペーンをしているビジネスローンは狙い目の一つです。単なる宣伝としてキャンペーンを展開しているだけでなく、その機会に融資と販路を拡大するという目的があるからです。言い換えれば、そうしたキャンペーンの時には、審査基準が多少なりとも甘くなる可能性があるのです。そしてそうしたキャンペーンを利用すれば、より低い金利で借りることができたり、何らかの優遇措置を受けることもできるわけですから、借り手としても多くのメリットがあります。ですからまずはキャンペーンの有無を調べてみて、ビジネスローンを選ぶというのも一つの方法となるのです。

14. 審査の甘いビジネスローンに落ちた時の対処法:ファクタリングの検討
ビジネスローンの審査に落ちたからと言ってあきらめるのは早すぎます。ファクタリングによる資金調達を考えてみることもおすすめします。ファクタリングは欧米では古くから用いられてきた手法の一つで、売掛金を売却することで資金調達する方法です。大きなメリットとしては、貸出までの時間が早い事と、売掛金があれば赤字企業や税金滞納中の企業でも利用の可能性が十分にある事です。また審査は、売掛先の企業の業績が中心となりますので、起業してから1年未満の決算書類の提出が難しい新興企業でも利用できる可能性があります。逆に言えば、売掛金がないならば利用することはできません。

15. まとめ
ビジネスローンは、中小企業の資金調達先として需要な役割を果たしています。しかし希望通りの融資を受けるためには、自社の状況を理解しておくことも大事なことです。事業歴や決算状況に応じたビジネスローン選びをすることで、審査通過率を高めることができます。またファクタリングという新たな資金調達方法についても覚えておくことをおすすめします。最短なら即日で売掛金の買取を行ってくれる会社もありますので、ビジネスローンでの取引が難しいケースでは強い味方となってくれます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。