消費者金融カードローンの審査基準とは?住宅ローンで優遇あり?

消費者金融の審査基準①:収入の安定性

審査において収入の安定性は絶対に外せない項目です。単純に考えて、稼ぎの良い人は確実に返すことができ、稼ぎの悪い人は確実に返せるかどうかの見込みが薄くなるからです。とはいっても、お金を借りるからには普段の稼ぎでは足りないからと言うわけですので、無収入でなければ基本的に審査をしてもらえます。その中で、将来的に今現時点で少し足りないから項目です。単純に考えて、稼ぎの良い人は確実に返すことができ、稼ぎの悪い人は確実に返せるかどうかの見込みが薄くなるからです。とはいっても、お金を借りるからには普段の稼ぎでは足りないからと言うわけですので、無収入でなければ基本的に審査をしてもらえます。その中で、将来的に今現時点で少し足りないからの借り入れをするのか、将来的にも超長期的にお金が足りないために今借りるのかでその信用度が変わると言っても良いでしょう。

2. 消費者金融の審査基準②:勤務先・雇用形態
勤務先や雇用形態は、今の仕事に対する安定性を示唆します。やはりお金を返していくためには仕事をしなければなりません。そのためには今の仕事が簡単にクビになってしまうことがないかなどの安定性を図るためにも、雇用形態や勤務先の信憑性等を図る必要があります。とは言えども、額勤務先や雇用形態は、今の仕事に対する安定性を示唆します。やはりお金を返していくためには仕事をしなければなりません。そのためには今の仕事が簡単にクビになってしまうことがないかなどの安定性を図るためにも、雇用形態や勤務先の信憑性等を図る必要があります。

3. 消費者金融の審査基準③:過去の延滞の有無
個人的な考えで結構なのですが、人にものを貸して約束通りの記述に返してくれなければ、その人の信用度が下がるのと同じように、過去の宴会の有無があるだけで、入寮者は警戒してきます。過去に約束通りのことができなかった事例があるわけですので、ものを犯して約束通りの期日に返してくれなければ、その人の信用度が下がるのと同じように、過去の宴会の有無があるだけで、入寮者は警戒してきます。過去に約束通りのことができなかった事例があるわけですので、その点今回もそのようになるのではないかと警戒をし、減額されたり場合によっては貸し出しをしてくれないと言うケースも多々あります。今回もそのようになるのではないかと警戒をし、減額されたり場合によっては貸し出しをしてくれないと言うケースも多々あります。

4. 消費者金融の審査基準④:他社からの借入れの有無
他社からの借り入れがあれば、当然その分を返さなければいけないために月に対する返済額もドンドンと膨れ上がります。つまり月給で返済するための余力がそこにあるのかどうかを図る必要があります。さらに、借り入れしている業者が多いと言う事は日常的にお金に困っていると言うことの表れでもありますので、途中で返済が滞ってしまうリスクが高くなると考えられてしまいます。他社からの借り入れがあれば、当然その分を返さなければいけないために月に対する返済額もドンドンと膨れ上がります。つまり月給で返済するための余力がそこにあるのかどうかを図る必要があります。さらに、借り入れしている業者が多いと言う事は日常的にお金に困っていると言うことの表れでもありますので、途中で返済が滞ってしまうリスクが高くなると考えられてしまいます。

5. 大手消費者金融と中小消費者金融の違いについて
大手金融業者は、銀行と提携を組むなどして貸出金の運用本が非常に大きなバイタルを持っているので、金利が良かったり貸し出し上限額が非常に高く設定されていることが特徴です。その分審査の水準が高く、安定収入があると言うだけでは審査に通らない可能性も出てきます。対して中小規模の消費者金融は広告を打てるほどの財源がない場合が多く、基本的には貸し出しのゆずなどを使って口コミでお客さんを増やしていく傾向にあります。そのため審査が甘いと言う訳では無いのですが、小学貸し出しに対する審査の基準のボーダーの上げ下げは確かに存在するようです。ですが、大手も中小消費者金融もその審査基準は明示していないため、具体的に違いと言うよりも体感的な違いでのみ判断されることがほとんどです。

6. 大手消費者金融と中小消費者金融の審査の通りやすさの違いについて
大手金融業者は、ハードルの高い信用度をもとにして高額の貸し出し等をすることが多いため、フリーターやパート契約の場合などでは審査に通りにくい可能性がございます。、無職に対しては一切お金を貸してくれません。対して中小規模の消費者金融であれば、アルバイトやパート勤務の場合でもお金を貸し出してくれることが多くあります。ただしその事例が多いだけで必ず貸し出しをしてくれると確約されたわけではありません。さらには失業手当受給中などを条件として貸し出しをしてくれる場合があるのも中小規模の消費者金融の特徴です。

7. 即日融資を中小消費者金融から受ける際のポイント①:来店の必要の有無を調べる
中小消費者金融の場合、その営業形態の小ささから電話等だけで対応ができないことがあります。その場合は必要書類を持って近くの店舗に行く必要があるのですが、近くの店舗とはいっても全国で展開している店舗が2つや3つなどもよくあります。そのため地域特化型として対応してくれることもあるので、中小規模の消費者金融を利用する場合は極力自分の家から近いところを利用し、その地域の住民であることを証明しておく方が有利かと思います。

8. 即日融資を中小消費者金融から受ける際のポイント②:申し込みは平日午前中に済ませる
基本的に中小消費者金融の場合、貸し出し等の振り込みは手動で行っていることが多く、銀行の営業時間内でなければ対応してくれないことがほとんどです。ただし、最近はモアタイムシステムと言って、銀行間でもうタイムに加入している者同士であれば、振り込みは24時間リアルタイムで行われるように今は変更されているため、事業者によっては15時以降でも手続きをしてくれる可能性があるとのことです。それでも基本的には平日の午後3時までの受付であることが現在もほとんどです。

9. 即日融資を中小消費者金融から受ける際のポイント③:本人確認書類と収入証明書の準備
本人確認書類や収入証明書は、基本的に大手の消費者金融とあまり変わりません。ですが、大手の消費者金融の場合は収入の証明書等は厳格に何を用意しなければならないかなどが決められていることが多く、対して中小消費者金融の場合はその代用品なども提示してくれる場合があります。本人確認書類や収入証明書は、基本的に大手の消費者金融とあまり変わりません。ですが、大手の消費者金融の場合は収入の証明書等は厳格に何を用意しなければならないかなどが決められていることが多く、対して中小消費者金融の場合はその代用品なども提示してくれる場合があります。

10. 即日融資を中小消費者金融から受ける際のポイント④:在籍確認の可否
基本的に在籍確認は必須です。在籍確認なしの場合と言うのは、ほど信用情報が良ければそのようになる事例はあるようですが、基本的には返済能力があることを確実に証明するためにも、会社の在籍確認は行われるケースがほとんどです。ですが早いタイミングで申し込みをしていれば、その日のうちに在籍確認をしてくれるため、手続きが当日中に終わることも珍しくありません。さらに、消費者金融からの電話であると感づかれないようにするための手段もしっかりとってくれるので、あまり気にする必要は無いかと思います。

11. 即日融資を中小消費者金融から受ける際のポイント⑤:本当に安全な業者かの確認
ほど信用情報が良ければそのようになる事例はあるようですが、基本的には返済能力があることを確実に証明するためにも、会社の在籍確認は行われるケースがほとんどです。ですが早いタイミングで申し込みをしていれば、その日のうちに在籍確認をしてくれるため、即日融資を受けることができる場合がほとんどです。その他にも、在籍確認の方法を聞いてくれて、金融業者は名乗らずに知り合いとして電話をかけてくれるなどの方法をとるようなところもあるので、いくら在籍確認があるからといっても何か不利になるような事はないといえます。

12. まとめ
大手の消費者金融は、最近増加している低所得者世帯には審査が厳しいため、そうした人たちがどうしてもお金を借りたいと言うのであれば、大手の消費者金融は、最近増加している低所得者世帯には審査が厳しいため、そうした人たちがどうしてもお金を借りたいと言うのであれば、中小消費者金融を狙ってみるのは大いにありです。ですが、基本的には中将消費者金融は小口貸し出しが多いため、大口の貸し出しを求める場合には審査が通らない可能性もあります。どうしても大口の貸し出しが必要な場合は、まずは大手消費者金融をあたって見てみることにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。