お金を支援してくれる団体って?一般社団法人生活サポート基金で借りる!

一般社団法人「生活サポート基金」は、お金の問題で困っている人の救済、生活の安定をサポートしてくれる団体です。

「生活をリメイク」というミッションがあり、借金で困窮した人を救済することを目的に融資をしている団体です。主に生活再生ローンと呼ばれますが、それ以外にも無料相談を行っています。

注意するべき点としては、「生活サポート基金」は、国や地方自治体が運営する団体ではなく、あくまでも、貸金業法に基づいて設立された貸金業者であることです。株式会社ではなく、社団法人としているのは、営利を目的としていない団体として設立しているためです。

生活再生ローンを利用する場合は、カードローンと同様に、しっかりと内容について理解しておくことが重要です。

社団法人生活サポート基金について

社団法人生活サポート基金は、生活者向けの貸付事業や無料生活相談を行なっています。主に行っている事業は以下の4つです。

  • 生活相談
  • 生活再生資金の貸付
  • 東京都多重債務者生活再生事業
  • 個人再生ファンドの募集

お金を借りる場合に重要なのは上2つの「生活相談」と「生活再生資金の貸付」です。生活再生資金の貸付が生活再生ローンと呼ばれます。お金を借りる場合には必ず生活相談を受けなければなりません。

生活サポート基金は生活をリメイクすることを掲げています。経済的な問題によって困窮している生活者の救済が事業目標です。

その意味では、ビジネスライクな消費者金融や、精錬潔白が問われる銀行のローンとは違って、生活を再生させるための機関として弱者の味方側と言えるかもしれません。助け合いの精神に支えられた貸付を行っています。

生活再生ローンの内容とは?

成果再生ローンの貸付対象となっている人は、

  • 消費者金融の借入れをおまとめ、借り換えをしたい人
  • 税金や公共料金、家賃などの滞納金を支払いたい人
  • 他のカードローン審査に落ちてしまった人
  • 債務整理後の借入れを希望する人
  • その他

などです。

>>生活サポート基金でお金借りるにはこちら

この内容を見ると、生活の再建や再出発のために用いられることが多いようです。貸付の結果として、日常生活を再建できるようになり、さらに将来的な返済が見込めるような生活に復帰する人向けのローンと言えます。

先にも書きましたが、賃金業法に則って運営されています。生活再生ローンの注意点を列挙しておきます。

  • 総量規制の対象内
  • 収入証明書は必要
  • 金利は年率12.5%(遅延損害金14.6%)

総量規制の対象内なので年収の1/3を超える借り入れは行えません。収入証明書の記載が公式ホームページにはないようですが、実際に借りる時には必要になります。

重要な点ですが金利は年率12.5%です。「公的なのだから無金利なのではないか」というイメージは間違っています。あくまでも生活者目線に立ち、お金を安全に貸してくれる場所です。

生活再生ローンのメリット・デメリットは?

生活再生ローンと消費者金融、銀行カードローンとの大きな違いは

  • 担保(保証人)が必要
  • 借入後の支援が受けられる

という点です。

大手の消費者金融や銀行カードローンでは、

  • 無担保
  • 保証人なし

でお金を借りるのが一般的です。

これに対して、生活再生ローンは、原則として1名以上の保証人が必要です。現在の借金の状況によっては、動産や不動産の担保の提供も求められることがあります。

生活再生ローンの利用で担保や保証人が必要になることがあることは、「担保(保証人)があれば借りれる」とメリットとして捉えることもでき、「担保がないと借りられない」というデメリットに感じる人もいるはずです。

また、生活サポート基金では、単にお金を貸してくれるだけでなく、融資をした後の「継続的な支援」も行っています。

消費者金融や銀行カードローンのように、ただお金を貸して、返済期日に返済を求めるのではなく、お金を借りた人が自立できるように、さまざまなアドバイス、支援を考えてくれるのが大きな魅力です。

本気で借金に頼る生活を改めたい、自分の収入の範囲内で生活できるようになりたい、と考える人にとっては、一般的な消費者金融などよりは、適しているかもしれませんね。

生活再生ローンに向いてる人

生活再生ローンは一般的なキャッシングとは少し異なっていますが、目的によっては向いている場合があります。

  • 消費者金融のおまとめ
  • 住宅ローンなどもある方
  • 債務整理後のローンの利用

複数の消費者金融からの借入れで多重債務になっている方は、生活サポート基金の生活再生ローンで『ローンのおまとめ、借り換え』をすることで今よりも低金利になる上に、返済先が1箇所で済みますから「借金の負担」が減らせます。

たとえば、現在『年率18.0%』の金利で合計300万円の借金があるとします。

300万円×0.18×30日÷365日=44,383円
金利の発生状況は以上のようになります。これを生活再生ローンで年率10%にまで金利を減らすことができれば以下のようになります。
300万円×0.1×30日÷365日=24,657円

また、生活サポート基金は『法律の専門家』とも連携しています。

たとえば、住宅ローンがある人なども多く利用しており、所有している住宅を任意売却で手放すほうが有利なのか住宅を保有し続け「別の形で借金問題を解決」するのかなどの相談にも乗ってくれます。

債務整理

債務整理を終えた後にローンを利用しようと考えている場合も、生活サポート基金がおすすめです。借金で失敗した経験があるのに、さらに新たなローンを検討するのは、また借金で失敗する可能性があります。そのような場合は、生活サポート基金で融資を受けるとともに「生活全般の見直しやアドバイス」を受けることで改善できる可能性があります。「過去の債務整理でお金が借りられない・・」という場合は、生活サポート基金に相談するのも解決策としては安全です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。