自動車ローンの審査基準は厳しい?自営業では落ちる?年収はいくら?

誰でも一度は『マイカーが欲しい!』と思ったことはあるはずです。

しかし、自動車の平均価格は約170万円、一括支払いは難しい金額になっています。

そんな時に利用するのが、自動車ローン(マイカーローン)で、自動車の購入者向け融資になります。

通常はその金額から『多額融資で審査が厳しいんじゃ…』と思われる方が多いでしょう。

この記事では、どの様な人なら借りられるのか、自動車ローンの審査基準について詳しく見ていきます!

中古車買うならカードローンで!

結論をお伝えすれば、一定の審査基準を満たせない場合、自動車ローンの利用は難しいのが現実です。

ただ、『ローンは厳しいが今すぐ車が欲しい!』という方は、中古車の購入をオススメします。

中古車であれば平均価格は約50万円となります。ちなみに、その場合はカードローンでの支払いがピッタリです。

消費者金融のカードローンは、50万円程度の借入れであれば審査はかなり通過しやすく、最短でその日のうちに融資が受けられるので、今すぐお金が必要な方に最適です。

また、一定の無利息期間内であれば、利息なしで返済がOKです!

是非、当サイトイチオシのお得なカードローン『アコム』『プロミス』でお金を借りちゃいましょう!

アコム

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、初めてお金を借りる方がよく利用するカードローンです。
30日間の無利息期間(※1)もついています。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。
審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。
30日間の無利息期間(※2)もついています。

≫詳細はこちら

(※1)アコムでのご契約がはじめてのお客様と返済期日「35日ごと」でご契約されたお客様
(※2)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

2種類の自動車ローン

自動車ローンには、大きく分けて

自営業者がお金を借りられる金融商品
  1. マイカーローン
    →金融機関が提供
  2. ディーラーローン
    →ディーラー(販売店)が提供

という2種類に分けられます。

この2つのローンの最大の違いは金利です。

ディーラーロ―ンの場合、年4~7%の金利が設定されます。

一方、マイカーローンの場合は、金利は2%以下というケースがほとんどで、4%以上になることは滅多にありません。

自動車ローンの借入金額は大きな金額となるので、金利が1%違っただけでも、返済額は大きく異なります

例えば、200万円(返済期間は5年)の自動車ローンを組んだ場合、金利(単利)が2%だとすると、5年間の利息は20万円となり、毎月の返済額は約36,666円(元利均等返済)となります。

一方、同じケースで金利が7%の場合、5年間の利息は70万円となり、毎月の返済額は45,000円にもなります。

マイカーローンにも審査が厳しいなどというデメリットもありますが、できれば、金利の安いマイカーローンを利用したほうがいいでしょう。

自動車ローンの審査基準

自動車ローンの審査基準は、ローンを提供する金融機関やディラー等によって異なりますが、

自動車ローンの審査基準
  1. 年齢が20歳以上、返済時の年齢が70歳未満
  2. 安定的な収入があること
  3. 返済負担率(1年間の返済額÷年収)が40%以下
  4. 過去に金融事故を起こしていない
  5. 税金や公共料金を滞納していない
  6. 就職、転職してから1年以上の経過している
  7. 直近にカードローンを申し込んでいない
  8. 保証会社の保証を受けられること
  9. 現在の債務が年収の50%以下であること

となります。

上記の基準の中でも、安定的な収入があるという条件は審査に非常に大きな影響を与えるものです。

勤続年数の長い正社員であれば、安定した収入があるとみなされて、審査が通りやすくなります

一方、転職して1年以内の方やパート・アルバイト、非正規雇用で就業されている方は審査は通りにくいです。

過去にローンやクレジットの支払いに関して問題を起こした場合にも、自動車ローンの審査が通らない可能性が高いです。

信用情報機関に個人情報が登録される金融事故には

金融事故
  1. ローンやクレジットの支払いの長期延滞
  2. 債務整理
  3. 保証人による代位弁済
  4. 信用契約の強制解約

などがあります。

返済負担率も重要です。

ローンにおける余裕のある返済負担率は20%程度だとされています。

返済負担率が35%以上となると、収入の大きな部分がローンの返済に使われるため、返済期間の途中で債務不履行に陥る可能性が高くなります。

返済負担率が35%未満となるような、年収に見合ったリーズナブルな価格の自動車を購入することが重要になります。

自動車ローンの審査は甘い?

自動車ローンには金融機関系とディーラー系の2つのローンがありますが、ローンの審査はディーラー系の方が通りやすい傾向があります。

その理由は、銀行系のローンは貸したお金に利子をつけて回収することに主眼を置くのに対して、ディーラー系のローンはできるだけ車を買いやすくすることに主眼を置きます。

従って、多少危ないお客さんでもローンを組んでくれます。

金融機関系の自動車ローンには、銀行系と信販系の2つの自動車ローンがあります。

銀行系の自動車ローンは総じて審査が厳しいですが、信販系のローンは比較的審査に通りやすいと言われています。

例えば、「オリコ」や「セディナ」の自動車ローンは、柔軟な審査をしてくれることで定評があります。

自動車ローンは総量規制の対象外

貸金業法において、貸金業者が資金の借り手に対して年収の3分の1の金額以上の貸付を行うことを禁止していますが、この制限のことを総量規制と言います。

この規制は2010年から始まりました。

総量規制の対象となるのは、大手でいうなら、アコム、プロミス、ノーローンなどの貸金業者のみで、自動車ローンを提供している普通の銀行やディーラーなどは規制の対象となっていません

自動車ローンは車検費用にも利用可

自動車ローンのうち、銀行マイカーローンは、車の車両代の他、車検代、備品購入費などにも使えます

自動車は、原則として2年おきに車検を取る必要がありますが、その費用を予め借入れることも可能です。

ディーラーローンは、借り入れた資金を車両代にしか使えません。

車両代以外の諸経費もローンで賄いたいという人は、銀行マイカーローンを利用するといいでしょう。

まとめ

確かに、自動車の購入には相当な費用が掛かりますので、一括現金で支払うのはほぼ無理ですよね。

ただ、条件さえ満たして審査に通過すれば、自動車ローンを利用してお金を調達することは可能です。

銀行系のマイカーローンであれば、金利も2%以下と低金利でお金を借りられます。

しかし、全ての人間が自動車ローンの審査に通過できるわけではありませんよね。

『中古車程度の金額でも良いから融資してほしい…』という方には、消費者金融のカードローンをオススメします。

消費者金融のカードローンであれば、最短でその日のうちにお金を借りられますので、50万円程度までなら気軽に調達することが出来ます。

また、無利息期間内であれば利息なしでの返済となり、非常にお得です。

『今すぐ、車が欲しい…』という方は当サイトオススメの消費者金融のカードローン『アコム』『プロミス』の利用も検討してみては?

アコム

『はじめてのアコム♪』とCMでも有名なアコムは、初めてお金を借りる方がよく利用するカードローンです。
30日間の無利息期間(※1)もついています。

≫詳細はこちら

プロミス

プロミスは、『WEB完結』というサービスがあります。
審査もスムーズで、今すぐに借りたい方に多く申込みされています。
30日間の無利息期間(※2)もついています。

≫詳細はこちら

(※1)アコムでのご契約がはじめてのお客様と返済期日「35日ごと」でご契約されたお客様
(※2)メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。